予備校の口コミ評判大学受験向け情報が満載

東京電機大学の偏差値は?学部ごとに特徴や評判を紹介します!

2022.1.11

受験生の皆さんこんにちは!

今回は「東京電機大学」について紹介したいと思います!

東京電機大学は第二次世界大戦の学制改革に伴って電気興業を専門とする学校を前進したことが始まりです。現在では6学部5研究科を設置した理工系の大学として発展しております。受験生からは東京電機大学のことを通称「電大」と呼んでいたりします。

今回はそんな東京電機大学について受験生が気にしている偏差値のレベルと学部ごとで具体的にどんなことが学べるのかコンパクトにまとめて紹介します。これから、東京電機大学を受験しようと考えている学生は要チェックです!

個別指導なら

武田塾

自学自習を徹底サポート!
偏差値40からでも逆転合格を目指せる新時代の予備校

自学自習を徹底サポートで逆転合格を目指せる!

>無料受験相談< 公式サイトはコチラ
通信講座なら

スタディサプリ

プロ講師の授業をいつでもどこでも視聴可能!
教育機関での導入実績も豊富

教育期間での導入実績多数のオンライン学習

>14日間無料体験授業< 公式サイトはコチラ
家庭教師なら

家庭教師のトライ

家庭教師生徒数No.1!
難関大学対策のパーソナルプログラムも実施

全国No.1のマンツーマン指導とAI学習で学力UP

>簡単登録で資料請求< 公式サイトはコチラ

システムデザイン工学部について

システムデザイン工学部は東京都足立区に立地している東京千住キャンパスに位置しております。システムデザイン工学部では近代への技術進歩にについて研究する工学とそれらが人間に適応できるように改良するデザイン性の二つが融合した学部となっています。

システムデザイン工学部の特徴

情報システム工学科では近年話題となっているAIやビックデータを活用したデータサイエンスなどの知識を吸収して実際にAIオセロの開発などの実践課題を通して学習していきます。それだけでなく、ネットワークインフラをデザインして快適な開発環境を整えるなどのIoTへの分野にも対応しているカリキュラムとなっております。学ぶプログラミング言語では機械学習に特化した今流行りのPythonを使用します。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は生体認証システムや無人決済サービスなどがあります。

デザイン工学科ではただ製品の設計をするだけでなくそれを使うユーザーにどのような体験を与えることができるのでかという事路に焦点を当てて、ユーザーの体験を最適化するために設計段階から全体像を見渡したデザイン力を身に着けます。学習範囲としてはまず工学の基礎を徹底的に学びそのあとその知識を生かした製品を人間の行動分析などを用いてデザインを追求していきます。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野はARサービス(現実と仮想現実を接続する技術)、ラピッドプロトタイピング(3Dプリンタ、ARデバイスなど)、サービスロボットの普及などがあります。

全体としては今よく耳にするAIや機械学習等などの先進的な学問をテーマにしている学科であるのと分かるので、新しい知識やテクノロジーに対して強い関心を持つ学生にはおススメとなっています。

システムデザイン工学部の偏差値

システムデザイン工学部の偏差値は50.0~52.5となっており、大学全体の中では高い部類に属しております。センター試験の得点率は72~75%となっております。

大学受験は情報戦!
志望大学を決める際には必ず資料請求を行い、自分が本当に学びたいことが学べるのかチェックしましょう!

受験前に大学の資料請求をした人は過半数以上を占めており、そのうち8割以上の人が5校以上まとめて資料請求を行っています。

スタディサプリの資料請求なら
資料請求は基本無料
エリアや学部ごとにまとめて資料を請求
送付先の入力だけで簡単!1分で申し込み完了
株式会社リクルートのサービスだから安心

下記バナー、ボタンから大学資料を比較しながら志望校を選んでみてください!

スタディサプリ大学進路相談 スタディサプリ進路で今すぐ資料請求!詳細はこちら

未来科学部について

未来科学部は東京千住キャンパスに立地しており、「建築学科・情報メディア学科・ロボットメカトロニクス学科」の三つに分かれています。どの学科にも共通して言える特徴は様々な社会で問題となっているところを意欲的に見つけ出しテクノロジーを使用して解決ようとする意志です。近代的な技術発展に興味関心のある学生を求めています。

未来科学部の特徴

建築学科では安全で人が住みやすい都市環境を構築するために建築について基礎的な履修を行った後にそれらを応用してIoT技術を取り入れた都市環境について学びます。また、長期インターンシップなどのを展開しているので就職活動にも利用できるカリキュラムとなっております。このような実践的な学習を通してグローバル社会に活躍できる設計者・技術者・研究者をを育てることを目標としています。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は情報メディア学科ではマンションの空間演出や次世代ビルの建築などです。また、高齢者や障害者でも利用できるバリアフリー設計等のも利用されています。

情報メディア学科では日々私たちのコミュニケーションが多様化して便利になっていくことについて関心を持っている学生を求めております。この学科ではプログラミングや人工知能の他にそれらの技術を使って何か形にするために音響やCG制作などのついても勉強します。テクノロジーについて学びながらクリエイティビティーも高められるカリキュラムとなっているのです。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は3D化技術を利用したプロジェクションマッピングや大型モニター、IoTスマート製品の開発などが挙げられます。

ロボット・メカトロニクス学科では人間社会に豊かな未来をもたらす「ロボット開発」について学習します。ロボットを理想的に動かすために数学的なデザイン力とモデリングを身に着け機械・電気・電子・情報・制御・を総合的に勉強します。ロボットを組み立てる実習を通して論理的な問題解決能力想像力を育成します。なので、社会に出てもあらゆる分野で活躍できる実力が身につくかと思われます。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は多機能なビル設計や資源枯渇対策として自然エネルギーを利用した住環境を提供するエネルギーエレクトロニクス、高齢者をサポートする生活支援ロボットなどがあります。

全体としてはロボットやCGなど幅広く応用的な知識を学習することができるので、理論というよりは形にする方が好きだという学生には合っている学科なのではないでしょうか?

未来科学部の偏差値

未来科学部の偏差値は47.5~52.5となっており、大学全体のなかでは中間の偏差値帯に位置しております。センター試験の得点率は69~77%となっております。

偏差値が近い学部では理工学部が存在します。

工学部について

工学部では卒業までのカリキュラムが「基礎知識・演習・資格取得」となっており、年次が進むことで大学一年生で勉強した基礎的な知識が応用されていくのでスムーズに工学について学習できるようになっております。また、大学3年生くらいから資格取得やどのような仕事に就きたいのかといったキャリアデザインも考えていくので就職率はかなり高いものとなっています。入学前教室で「英語・数学」について復習するサポートが充実しているので勉強が不安な生徒でも安心して入学することができます。

工学部の特徴

電気電子工学科では電力・電気機器や電子情報システムや電子デバイスについて勉強します。それらの知識を応用し資源枯渇社会である日本でエコなエネルギー生成に貢献できるような知識を吸収します。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は洋上風力発電・電力半漢字のロス軽減・家庭での風力発電などがあります。

電子システム工学科ではスマートフォンやパソコン、LED照明、プルーレイレコーダーなど身近な製品を通して電子・光・情報・について使い方を学びます。就業力を高めるためにもビジネス英語の教育などにも力を入れています。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野はテレビのディスプレイやスマートフォンの更なるマルチメディア化などが挙げられます。

応用化学科では持続可能な社会に貢献するべく生活や生産によって応じる化学反応について研究しより良い生産システムとは何かについて学習します。物理や有機化学などの学問を通して正しい化学現象の理解をします。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は口紅の高品質化・プラスチックの様と拡充などがあります。

機械工学科では材料・機械・流体・熱といった力学の中で最も重要な分野について学習を重点的に行います。この学習を通して応用力の利いた機械設計をすることができ、社会に出てからも通用する人材となることができるでしょう。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は航空機の機体の軽量化・ジャンボジェットのモデリング技術などがあります。

先端機械工学科では機械工学に加えて情報工学や医用工学といった最先端の工学技術を駆使してより良い背品開発、サービスに貢献すべく研究をし続けます。卒業研究では学科学生全員が発表を行います。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は車の振動軽減・車のアシスト機能・ロボットと人の調和などがあります。

情報通信工学科ではコンピュータの知識に加えてネットワーク・ワイヤレス通信・光ファイバーなどの通信系の技術を学びます。また、画像・音響の信号処理技術まで幅広く学ぶので社会に出たら臨機応変に対応できる人材となることができます。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野はスマートフォンの音声情報伝達やGPS技術などがあります。

工学部は全体的に幅広くコンピュータや情報技術について学習する学部であると思われます。実習を通して学べるコースが多いので、卒業してからも会社で即戦力となる人材となるでしょう。

工学部の偏差値

偏差値は45~50であり、学科によってばらつきはあまりありません。大学全体としては若干低めの偏差値帯に位置しております。

近い偏差値の学部では工学部第二部(夜間学校)があります。

理工学部について

理工学部は埼玉県のほぼ中央にある比企丘陵公園内にある埼玉県鳩山キャンパスに設置されています。学部の特徴としては「主コースと副コース制」があり、一年次には基礎学問を学習して二年生になると主コースを選択して三年次には自分の追及したい専門的なカリキュラムを副コースとして選択することができます。このように幅広くカリキュラムを履修することで、実社会で必要になる高い適応力を身に着けることができます。

理工学部の特徴

理学系では数学を通して自然界の法則を探求して論理的思考を育成うする学問です。このカリキュラムを通して問題の本質的な課題を的確に見抜く力を習得する事を目的としています。コースが4つに分かれており、数学コース・物理学コース・科学コース・数理情報学コースがあります。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は株価予想や天気予報などです。

生命科学系では環境問題や医療・福祉が抱える問題を解決して安定した社会システムを構築する為の学問です。理学・工学・医学を通して幅広い視点から、課題解決をすることができる人材を育てます。コースは二つに分かれており、分子生命科学コースと環境生命工学コースがあります。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は環境バイオテクノロジーと再生医療などがあります。

情報システムデザイン学系では複雑化する情報化社会に対応すべく情報学について学びます。具体的にはコンピュータ・ネットワークなどを勉強します。コースは幅広く4コース用意されています。コンピュータソフトウェアコース・情報システムコース・知能情報デザインコース・アミューズメントデザインコースがある。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野はeスポーツのイベントやイベントの運営の空間演出デザイン、競技に使われるデバイス関係などがあります。

電子工学系では通信・エレクトロニクスなどの「電気電子工学分野」と医療機器・人工臓器などの「生体医工学分野」の二つの高度な専門知識を扱う技術者を養成します。電子情報コースと電子システムコースの二つがあります。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野は脳波計測や人工臓器・再生医療等に生かされています。

機械工学系では、材料・機械・熱・流体といった機械工学に必要不可な基礎分野を履修した後に高度な専門技術を必要とするエンジニアリング講習を受け自ら問題を解決できる人材を養成します。設計・解析コースと加工・制御コースの二つが用意されています。

この学科で将来ビジネスとして生かされる分野はフューチャーカーやロボット開発などがあります。

情報通信工学科ではソフトフェアとハードウェアを偏りなく学び情報通信技術を支える人災を養成することが目的です。一年次では線形代数や物理学などを勉強し、二年次からは本格的な情報通信技術の習得に入る予定となっております。

この学科で将来取得を目指せるであろう資格は第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士、電気通信主任技術者、技術士補、公害防止主任管理者、弁理士、高等学校教諭一種免許状(情報/工業)などです。

理工学部は全体的に情報形の技術を駆使してそれらをコミュニケーションツールや医療などの最先端技術に応用するという方針が伺えました。なので、プログラミングなどの高い関心を持っている学生などにはぴったりだとと思います。

理工学部の偏差値

偏差値は45~52.5であり、大学全体としては中間くらいの偏差値帯に位置しております。センター試験での得点率では58~70%となっております。

近い偏差値の学部では工学部第二部(夜間学校)があります。

工学部第二部

改善 夜

昼間はアルバイトや企業で働いている方向けに工学部第二部は夜間にしっかりと学習が行えるように18:00~21:20の間授業を行います。土曜日に履修をすれば四年間で卒業することがも可能です。

工学部第二部の特徴

工学第二部や夜間学校と言うこともあり、仕事と学問の両立が可能です。そのため、大学で学ぶことが仕事に直接かかわらなくても、関係性のある分野だった場合、仕事に対する理解も深まりますし、キャリアの幅が広がる可能性もあります。

単位従量制のため工学部の約半分の学費で講義が受けることができます。

社会人課程を設置したので仕事のキャリアップやスキルアップに役立てることが可能です。

工学部第二部の偏差値

偏差値は社会人も受験する為か大学の中では偏差値は低く45.0~50.0となっています。センター試験の得点率は55~63%となっております。

東京電機大学の偏差値・評判|まとめ

スマホ対策 まとめ

いかがだったでしょうか?

東京電機大学は理系学部がかなり分かれている印象でした。特に情報系+最先端技術のカリキュラムが多く、現状日本ではどんどんIoT化がすすでいることが分かりましたし、そういった状況にうまく対応できる人材を育成することがこの大学の目的の様です。

偏差値としては全体を通してだいだい45~52といったところだと思います。センター試験の得点率でいうならば学部によって違いますがだいたい65%~70ですね。

東京電機大学の資料請求はこちら
最短1分!無料で請求資料請求

スタディサプリで一括資料請求
無料で図書カードGET!一括請求

投稿者:Mura

投稿一覧

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連する記事

新着コラム

コラム

倉敷市立工業高等学校の偏差値は?特徴・評判・難易度まとめ

この記事では倉敷市立工業高等学校の特徴や偏差値、口コミなどをご紹介します。倉敷市立工業高等学校に進学したいと思っている方や興味があるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

宮城大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

この記事は、宮城大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

岩手大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

この記事は、岩手大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

弘前大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

この記事は、弘前大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

北見工業大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

この記事では北見工業大学で入りやすい穴場学部や偏差値や倍率をご紹介しています。志望校がまだ決まっていない方や何校受験したらいいのか、併願校がまだ決まっていないなどと悩んでいる方はこの記事を参考にしてみてください!

人気の予備校ランキング

  • 武田塾

    武田塾

    口コミ数(29件)

  • 東進衛星予備校

    東進衛星予備校

    口コミ数(18件)

  • 河合塾マナビス

    河合塾マナビス

    口コミ数(29件)

  • 四谷学院

    四谷学院

    口コミ数(11件)

  • 明光義塾

    明光義塾

    口コミ数(17件)

  • 城南コベッツ

    城南コベッツ

    口コミ数(5件)