拓殖大学はどのような大学?各学部の基本情報や偏差値まとめ

拓殖大学はどのような大学?各学部の基本情報や偏差値まとめ

文系の4学部、理系の1学部の5学部で構成されている拓殖大学

国際教育にも力を入れている拓殖大学ですが、中には拓殖大学にてどのような教育がされているのか詳しくは知らないという人もいるかもしれません。

そこで今回は、拓殖大学の教育の特色や各学部の概要・偏差値などについてまとめていきます。

拓殖大学の教育の特色

拓殖大学

拓殖大学は、「積極進取の気概とあらゆる民族から敬慕されるに値する教養と品格を具えた有為な人材の育成」という建学の精神を掲げています。
では実際に、そのような建学の精神・理念のもとでどのような教育がされているのでしょうか。

まず始めに、拓殖大学の教育の特色について紹介していきます。

国際教育の充実

拓殖大学は、100年を越える歴史を持つ国際大学のパイオニアとして、グローバルな人材を育成することに力を入れているのが特徴的です。

外国語専門の大学に匹敵する、アラビア語やベトナム語など14の言語を学ぶことができます。「使える語学力」に重きを置いており、留学制度を利用して海外で実際に自分の言語力を試すことも可能です。

英語圏や中国語圏、スペイン語圏の8つの提携校にて、6~8ヶ月の間留学できる長期研修プログラムであったり、夏休みや春休みなどの長期休暇を利用した短期研修プログラムなど海外留学のためのプログラムが充実しています。
海外に留学したい、将来は海外で活躍したいと思っている人には最適な環境ですね。

進路ごとにさまざまなコース制度

拓殖大学では、学生の多種多様な興味・関心に合わせ、各学部ごとに様々なコース制度や学びの分野が設けられています。

ほとんどの学部では2年次からコース制度が始まるため、1年次にじっくり基礎を学びながら自分がどのコースに進むべきかを考えることができます。
他のコースの科目が履修できる学部もあり、より広い分野の知識を身につけることができます。

自分が学んでいく内容を2年次までに定められるので、進路を決めやすくなるのも魅力的です。自分が将来何をしたいかまだはっきりと決まっていない、という人にもおすすめです。

どのような学部・学科がある?

拓殖大学教室イメージ

拓殖大学の教育の特色を知り、拓殖大学について興味を持った人もいるのではないでしょうか。

では次に、拓殖大学にはどのような学部・学科があるのかについて詳しく紹介していきます。

商学部

拓殖大学の商学部には、経営学科・国際ビジネス学科・会計学科の3つの学科があります。

経営学科
  • 「商学」を礎に、企業活動のメカニズムを広い視野で実践的に学んでいく。
  • 2年次に、「経営コース」「IT経営コース」「流通マーケティングコース」の3つのコースから関心がある分野を選ぶことができる。
  • グループワークやプレゼンなどで、ディスカッション力を身に付けていく
  • 国際ビジネス学科
  • 実践的な知識と共に英語力も身につけ、世界を視野に活動できるビジネスパーソンの育成をめざす。
  • 「貿易」「サービス・ビジネス」「コミュニケーション」の3つの学びの分野を用意。専門性と総合性のバランスを図る。
  • 「初級ビジネス英語」から実践的な「中級ビジネス英語」までを必修科目としている。
  • 会計学科
  • 会計からビジネスを考え、実務レベルを高めることのできる幅広いカリキュラム。
  • 「初級簿記」「財務会計論」「管理会計論」「会計監査論」の4つの学びを礎とし、資格取得へのバックアップも充実。
  • 大学祭の模擬店の際「創業体験プログラム」を実施するなど、体験型のゼミナールがある。
  • 政経学部

    拓殖大学の政経学部には、法律政治学科と経済学科の2つの学科があります。

    法律政治学科
  • 現代社会の様々な課題について、法律学と政治学の両面から考えていく。
  • 「法律分野」「政治分野」「地方・行政・政策分野」「地域・国際関係分野」の4つの学びの分野を設置。
  • 自分の興味に関連する資格に挑戦することができ、少人数のゼミで専門性を高めることもできる。
  • 経済学科
  • 経済学的なものの見方・考え方を身につけ、経済学の視点から現代社会を読み取る力を養う。
  • 「経済の基礎理論」「経済の歴史」「現代社会の経済」「国際経済」「地域研究」の5つの分野を切り口として経済学の課題に取り組んでいく。
  • 各分野の専門家である教員が、身近な話題や時事ニュースなどを用いて分かりやすく解説。
  • 外国語学部

    拓殖大学の外国語学部には、英米語学科・中国語学科・スペイン語学科・国際日本語学科の4つの学科があります。

    英米語学科
  • 日常やビジネスの現場で「使える」、専門レベルの英語を身につける。
  • 少人数での授業による、教員と学生の密なコミュニケーションが魅力のひとつ。
  • 「英語学・英語教育コース」「英語コミュニケーションコース」「通訳・翻訳・地域研究コース」の3つのコースから、自分の興味がある分野に合わせて進路を選択できる。
  • 中国語学科
  • 中国語をゼロから学ぶ学生のための、大学独自のカリキュラムが確立されている。
  • ネイティブ教員の指導や、「語学サロン」などの多彩なサポートにより、発音の壁をクリア。
  • ビジネスの現場での使用を想定した「中国語ビジネスコース」と、検定や教職の資格取得を目指す「中国語コミュニケーションコース」の2つのコースから自分の目的に合ったコースを選ぶことができる。
  • スペイン語学科
  • ゼロからスペイン語を学ぶにあたって、効率よく習得できるカリキュラムを設置。スペイン語圏への留学に備えるための「基礎力養成プログラム」もある。
  • 「スペイン語相互学習(SAM)」と呼ばれる、上級生から一対一でスペイン語を学ぶことができる時間も設けられている。
  • スペイン語での高度なコミュニケーションを可能にするための「スペイン語コミュニケーションコース」と、ユニークなスペイン語圏の文化について探求する「スペイン語圏文化コース」の、2つのコースから自分に興味があるコースを選ぶことができる。
  • 国際日本語学科
  • 日本人学生と留学生の学生数がほぼ同数であることが大きな特色。お互いが対等な立場で接し、自然と国際感覚を身につけることができる。
  • 世界に日本の魅力を発信すべく、日本語や日本の文化について多様な視点から学んでいく。
  • 日本人学生と留学生が意見交換をしながら、課題解決に向けて共同作業をおこなう機会が豊富。
  • 国際学部

    拓殖大学の国際学部には国際学科があり、1学部1学科制を採用しています。
    国際協力コース・国際経済コース・国際政治コース・国際文化コース・国際観光コース・農業総合コースの6つのコースがあり、2年次からそれぞれ興味のあるコースに配属することになります。

    国際協力コース
  • 開発途上国との格差の問題と向き合い、ODA(政府開発援助)やNGO(非政府組織)などに注目しながら国際協力について学んでいく。
  • ゼミナールの一例として、開発援助プロジェクトの計画・実施・評価という一連のサイクルを表を用いて管理運営する「PCM手法」を用いて研究するゼミナールがある。
  • 国際経済コース
  • グローバル企業の国際戦力や世界の経済ニュースを取り上げながら、経済学の理論と分析手法について学ぶ。
  • 経済・経営・金融など多様な分野の専門家である教員のもと、多様な視点を身につけ世界が持続可能な発展を遂げるための未来について考えていく。
  • 国際政治コース
  • 平和や安全保障をキーワードとして、国際社会が直面する課題について学ぶ。
  • 主に開発途上国の様々な国・地域における政治や社会、文化、宗教などへの理解を深めていき、国際社会が歩むべき未来を考える。
  • 問題を発見・分析し、新しい政策を提言できる能力を養う。
  • 国際文化コース
  • 異なる文化や価値観を持つ人々への理解を深め、円滑なコミュニケーションができる人材の育成をめざす。
  • 世界各地の文化や風俗、慣習、宗教などについて学びながら、外国語でのコミュニケーション能力を伸ばしていく。
  • 日本の文化を世界に発信するべく、日本の文化についても深く学んでいく。
  • 国際観光コース
  • 世界各地の観光について、地理、歴史、文化、経済、社会など様々な視点から分析し、国際社会における観光の現状と未来について考える。
  • 海外で実務を経験する研修を実施。
  • 農業総合コース
  • 文系でありながら、農学部に匹敵する豊富な実習をこなしていく。
  • 栽培技術習得のために、北海道への「国内農業留学」がおこなわれる。
  • 工学部

    拓殖大学の工学部には、機械システム工学科・電子システム工学科・情報工学科・デザイン学科の4つの学科があります。

    機械システム工学科
  • 機械をつくる技術と動かすシステムを基礎から学び、日本の社会インフラを支えるエンジニアとなるための力をつけることができる。
  • 2年次から「メカニカルデザインコース」「材料システムコース」「3D設計コース」「機械航空コース」の4つのコースを選んで専門知識や技術を学んでいく。
  • 「ロボットコース」や「環境・エネルギーコース」といった電子システム工学科とのコラボレーションコースもある。
  • 電子システム工学科
  • ソフトとハードに関する基礎知識等を習得し、技術革新の進むエレクトロニクスのフィールドで活躍するエンジニアになるための力をつけることができる。
  • 「通信ネットワークシステム」「映像・音響システムコース」「生物・生体システムコース」「デジタルシステムコース」の4つのコースから自分の進路に合ったコースを選ぶことができる。
  • 「ロボットコース」や「環境・エネルギーコース」といった機械システム工学科とのコラボレーションコースもある。
  • 情報工学科
  • コンピュータの基礎知識から、時代を進める高度なプログラミングまで、ソフトウェアを中心とした学習をおこない、IT業界で活躍する人材を目指す。
  • 「システムエンジニアリングコース」「コンピュータソフトウェアコース」「インターネットサービスコース」「スマートコンピューティングコース」の4つのコースから自分の希望する進路に合ったコースを選んで学習・研究。
  • 「ビジュアルコンピューティングコース」や「Webデザインコース」といったデザイン学科とのコラボレーションコースも設置されている。
  • デザイン学科
  • 幅広いデザイン分野の中から自分のやりたいデザインを見つけて、より良い社会や暮らしに貢献できる人材となるための学習をする。
  • 「感性デザインコース」「生活デザインコース」「プロダクトデザインコース」「メディアデザインコース」の4つのコースから興味のある分野を選んで学習できる。
  • 「ビジュアルコンピューティングコース」や「Webデザインコース」といった情報工学科とのコラボレーションコースも設置されている。
  • デザイナーに必要な幅広い基礎力や豊かな想像性、使うユーザーのことを考える力を身につけることができる。
  • 国際コース
    (特別コース)
  • 世界で活躍することのできるエンジニアを養成する特別コース。
  • 工学部4学科のいずれかに所属し、入学から1年半工学の基礎を学んだあとアメリカへと留学する。
  • キャンパスの基本情報

    拓大 キャンパス

    ここまでは、拓殖大学でどのようなことが学べるのかについて紹介してきました。
    拓殖大学の学生は、どのようなキャンパスに通って日々講義を受けているのでしょうか。

    次に、学生が通うキャンパスの基本情報についてもまとめました。オープンキャンパスに行く際や受験等の参考にしてください。

    文京キャンパス

    文京キャンパスでは主に、商学部・政経学部の学生が学んでいます。東京メトロ茗荷谷駅から文京キャンパスの正門までは徒歩約3分と、アクセスが非常に良いキャンパスです。

    開放感のある図書館には、1人静かに勉強や読書のできるスペースのほかに、友人やゼミ生たちと話し合いをすることができるアクティブラーニングエリアがあります。
    平日は22時まで空いているため、長時間の勉強や話し合いにも便利です。

    住所:東京都文京区小日向3-4-14
    文京キャンパス 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅下車 徒歩約3分

    八王子国際キャンパス

    八王子国際キャンパスでは主に、外国語学部・工学部・国際学部の学生が日々勉学に励んでいます。

    アクティブラーニング教室という、グループワークを目的とした教室があります。移動式のテーブルを学生の人数や話し合いの形態に合わせて動かすことができ、壁にいくつも設置されたホワイトボードを活用しながらグループワーク等がおこなわれています。

    住所:東京都八王子市館町815-1
    八王子国際キャンパス JR中央線・京王線「高尾」駅南口より京王バス(1番のりば)「急行 拓殖大学」ゆき乗車 直行5分
    参照:拓殖大学

    偏差値や入試難易度はどれくらい?

    拓大 偏差値

    各学部の教育内容やキャンパスの詳細などを知って、拓殖大学で学びたいと思い始めた人もいるのではないでしょうか。

    最後に、拓殖大学の偏差値や入試難易度はどれくらいなのかまとめました。

    商学部

    経営学科 47.5
    国際ビジネス学科 47.5
    会計学科 47.5

    センター得点率:77%~85%

    政経学部

    法律政治学科 47.5
    経済学科 47.5

    センター得点率:80%~83%

    外国語学部

    英米語学科 45.0
    中国語学科 45.0
    スペイン語学科 45.0
    国際日本語学科 45.0

    センター得点率:68%~71%

    国際学部

    偏差値 45.0
    センター得点率 76%~80%

    工学部

    機械システム工学科 45.0
    電子システム工学科 45.0
    情報工学科 52.0
    デザイン学科 52.0

    センター得点率:60%~77%

    拓殖大学の偏差値・特徴|まとめ

    拓大 まとめ

    今回は、拓殖大学の教育の特色や各学部の基本情報・偏差値などについてまとめました。いかがでしたか?

    拓殖大学は、国際大学のパイオニアとして100年の歴史を持ち、学生に向けて様々な国際交流の場を設けている大学です。海外に留学したい・海外で活躍できるような人材になりたいと考えている人は、ぜひ拓殖大学を志望校にしてみてはいかがでしょうか。

    ヨビコレでは、予備校・塾の特色だけでなく、大学の偏差値などをまとめて受験生の方の進路や塾・予備校選びのお手伝いができるようなコンテンツを公開しています!
    今の学力で志望校に行けるか不安と感じた方は、ヨビコレで近くの塾や予備校を探してみてはいかがでしょうか?

    評価なし

    コメントを書く

    コメントを閉じる

    人気の予備校ランキング

    武田塾

    武田塾

    口コミ数(16件)

    東進衛星予備校

    東進衛星予備校

    口コミ数(13件)

    河合塾マナビス

    河合塾マナビス

    口コミ数(23件)

    四谷学院

    四谷学院

    口コミ数(7件)

    明光義塾

    明光義塾

    口コミ数(3件)

    城南コベッツ

    城南コベッツ

    口コミ数(2件)

    コラムカテゴリの最新記事