大学受験グノーブルやめた方がいい?評判・料金・合格実績を紹介

大学受験グノーブルやめた方がいい?評判・料金・合格実績を紹介

大学受験グノーブルは集団授業でありながら生徒ひとりひとりの理解度や意欲に寄り添って授業を行っている大学受験向けの予備校となっています。
このページでは、大学受験グノーブルの基本情報や予備校・塾としての強みをまとめています。

大学受験グノーブル本校の基本情報

大学受験グノーブル

運営会社株式会社グノーブリンク
電話番号0353-715-487
住所東京都渋谷区代々木2-8-3 新宿GSビル1階
最寄駅新宿駅
受付時間月~金:15:30~21:00
土:14:00~21:00
日:休み
指導形態集団授業
指導対象中学生、高校生、既卒生
コース大学受験、春期講習
映像授業の有無なし
自習室情報なし
対応地域新宿・渋谷・お茶の水
校舎数3

公式サイトを確認する

大学受験グノーブルの予備校・塾としての 特徴・強みとは?

高校生の将来予備校・塾

大学受験グノーブルの指導方法

大学受験グノーブルは中学生では10~20名程度、高校生では15~30名程度での集団授業です。
クラスは学力別に分かれており、学力に合わせた問題演習や解説をおこないます。
集団授業でありながら、受験が近くなると個別に添削指導もおこなっているため、各生徒にあわせた受験勉強をすることができます。

大学受験グノーブルのカリキュラム

大学受験グノーブルでの通常授業は学年ごとの学力別にクラスが開講されています。
中学生では英語、数学をメインに授業か開講されています。
高校1年生では英語、数学、生物、古文が開講されており、高校2年生から英語、数学、物理、化学、生物、古文の授業を受けることができます。
また、大学受験グノーブルは、大学受験生に非常におすすめな授業構成となっております。
受験生には小論文対策や直前講習など受験に特化した授業も設けられています。
さらに、新中学生や新高校生などフレッシャーズから勉強に励めるような講座も用意されています。
グノーブルの生徒は英語に強みを持っています。
グノーブルは独自開発した英語音声教材をもっており、中学1年生から利用をすることができます。
リスニング、スピーキングをこの教材でおこなえるため、授業で習ったことをインプットした後に、この教材を使うことでアウトプットをおこない、より強い記憶の定着を生徒に提供しています。

大学受験グノーブルの講習方法

大学受験グノーブルは、多くの講師から生徒が楽しく学習をしていけるような集団授業を提供しています。
入塾の際は入塾テストを受けてもらい、生徒のクラス分けを行います。
説明会も提供していますが、予約が必要です。
生徒ひとりひとりが意欲を持って授業に取り組めるように、生徒と講師の積極的なコミュニケーションがとられています。
授業に途中入室した際も、個別に課題や話し合いを行うことで未習範囲をカバーしていきます。
大学受験グノーブルでは、学校での学習の質を落とさないように、生徒にあった量の宿題を指定します。
量としては多くても一週間に2~3時間で終えることのできる量となっております。

宿題の量まで生徒に合わせて出してくれるのね。週に3時間くらいなら頑張ろうと思うわね。

それだけ考えてくれるなんて、先生との距離がとっても近そうだよね。

大学受験グノーブルの季節講習

大学受験グノーブルでは、春期、夏期、冬期講習に加えて、直前講習が組まれています。
対象は基本的には中学1年生から高校3年生ですが、直前講習は高校三年生に限られます。
各講習では、授業日程が決まっており2日から8日間で各2時間ずつがベースです。
2日間×2時間=11,440円が基本の受講料の目安です。
4日、8日となると2倍、4倍と受講料は必要です。※例外もあります。
また講座数に関わらず、一人2,200円必要です。

大学受験グノーブルの生徒サポート

大学受験グノーブルは駅から近い場所に位置しており、室内も清潔感があります。
自習室は設けられていませんが、空き教室では自由に勉強をすることができます。
生徒が安心して通塾できるように、災害等の非常事態や、セキュリティの面に非常に力を入れています。
警備員の巡回や防犯カメラの設置から、防災グッズの常備や講師の防災訓練などをおこなっています。
授業の質はもちろんのことですが、生徒が安心して通える制度が整えられているのは大学受験グノーブルならではとなっております。
大学受験グノーブルにはチューター制度はありませんが、生徒と講師の距離がとても近く相談のしやすさが評判です。
HPには全講師の紹介文も書かれています。

大学受験グノーブルの料金表

大学受験グノーブルでは授業料を明確に公開してくれています。
価格は税込み価格ですが、2019年度のものなので、改正または税率10%の料金に上がります。

登録料 16,500
学年 科目 年間一括料金 ターム分割
中1~2 英語・数学 ¥163,080 ¥170,128
中3 英語、数学 ¥143,856 ¥149,756
国語 ¥27,500
学年 科目 年間一括料金 ターム分割
高1 英語・数学・生物・古文 ¥157,032 ¥162,976
高2 英語・数学・現代文・物理・科学・古文 ¥128,736 ¥133,056
生物・古文 ¥157,032 ¥162,976
学年 科目 年間一括料金 ターム分割
高3 英語 ¥339,020 ¥377,520
理系数学 ¥339,020 ¥377,520
文系数学 ¥169,510 ¥188,760
物理 ¥169,510 ¥188,760
化学 ¥169,510 ¥188,760
生物 ¥139,040 ¥154,440
国語 ¥143,000
小論文 ¥143,000
学年 科目 年間一括料金 ターム分割
既卒生 英語 ¥332,856 ¥342,576
理系数学 ¥332,856 ¥342,576
文系数学 ¥166,428 ¥171,288
物理 ¥166,428 ¥171,288
化学 ¥166,428 ¥171,288
生物 ¥136,512 ¥140,400
国語 ¥136,512 ¥140,400
小論文 ¥136,512 ¥140,400

大学受験グノーブル塾長・代表はどんな人?

グノーブルの代表を務めている中山さんは、「知の力を活かせる人に」をモットーにグノーブルを創立しました。
校舎は新宿、渋谷及びお茶の水の3校で構成されています。
大学受験の他に個別指導Gnolink・中学受験Gnoble・英会話Gnokidsを開校しており、幼少期から大学受験を意識した教育をおこなっていくことができます。
東京大学を始め、国公立大医学部、早慶大など難関大学の合格者を数多く生んできました。
「英語スピード読解力」というネイティブのような自然な英語を学べる参考書を著しており、グノーブルの質の高い英語学習はこの学習法から由来しています。
数多くの難関大学合格者がこの学習法を実証しています。
応募生徒が多数いても決められた数以上の生徒はとらないことが大学受験グノーブルが生徒ひとりひとりときちんと向き合っている証です。

大学受験グノーブルの評判・口コミは?

大学受験グノーブルは、生徒と講師との距離が近く、気軽に相談しやすい環境が評判です。
講師と生徒が一体となって楽しみながら授業をおこないます。
先生が生徒ひとりひとりの名前や情報を覚えていることから、講師は普段から生徒にとって身近な存在になれるように取り組んでいることがわかります。
生徒も講師と距離が近くなることで質問のしやすい環境ができています。
授業の前後にも講師に質問対応してもらえることや、生徒の要望があれば授業の時間延長をするなど面倒見がよく生徒思いな講師が多いことも評判です。
テストによって毎回クラス分けをし、テストの順位が決められるため生徒はモチベーションや緊張感を持ちながら勉強に取り組むことができます。

大学受験グノーブルの合格実績

東京大学、京都大学、筑波大学、東京工業大学、名古屋大学、一橋大学、青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、津田塾大学、東京医科大学、明治大学、早稲田大学など国公立、私立問わず全国の難関大学の合格者を多く出しています。
特徴としては、医科大学の合格者を多く輩出していることです。
東京大学の合格者は年々増加しており、各講師も授業の改善を日々おこなっています。
大学受験グノーブルの授業では講師が生徒の名前をランダムに呼び質問する方式なので、生徒は授業中にいつ聞かれてもいいように緊張感をもって授業にとりくむことができます。
生徒の学力にあわせてクラス分けがされているため、生徒は自分にあったレベルで問題を解いたり、授業をうけることができます。

公式サイトを確認する

大学受験グノーブル本校のまとめ

女子高生合格目指す

今回は大学受験グノーブルの特徴・強みについてご紹介いたしました。
集団授業でありながら、講師が積極的に生徒とコミュニケーションをとることで、生徒ひとりひとりと連携のとれた授業を提供しています。
大学受験グノーブルの授業では講師は生徒の名前を呼び発問することで生徒の能動的な授業参加を目指しています。
各講師が生徒全員が一生懸命勉強できるような活気のある教室作りに取り組んでいます。
また、英語の学習法は非常に充実しているため、文法から長文読解まで、英語の学習に力を入れたい方にはとっておきの学習塾となっています。


評価: 4
評価:4/5点(3件のレビュー)
コメントを閉じる
  • あまね より:

    私は英語を中1から受講しています。今まで英語が大嫌いでしたが、グノーブルで英語に持つ感情が変わりました。

    クラスレベルは上から順に
    中1、中2、高1がα、α1、α2、α3
    中3がα、α1、α2
    高2がα、α1、α2、α3、α4
    高3がα、α1、α2、α3、α4、α5
    と設定されています。

    中1の最初はαでしたが、徐々に英語の学習を疎かにして1学期の組み分けテストでα1の底辺まで落ち込んでしまいました。同じ学校の人の中でα1に落ちたのが私だけでみっともない、恥ずかしいと思い落ち込んでいました。けれど、当時担当してくださっていた先生はそんな私を見捨てずに熱心に指導してくださったので次のテストでαの頂点に上り詰めることが出来ました。以来私はずっとαをキープしています。

    教師の質が素晴らしい。上のクラスの先生は8割授業が分かりやすい&楽しい。質問にはすぐに応答してくれる。そして英語への意欲を高めてくれる。そして何より発音が上手。

    今まで通った塾の中で1番素晴らしいと思っています。グノがある日が待ち遠しいです笑

    評価: 5
  • ヤマピー より:

    自分自身が高校1年生の時に入室し、1年間通いました。
    まず選んだ理由が、当時通っていた高校が千駄ヶ谷にあり
    新宿は通学時乗り換えで使用していたので、学校終わりに部活終わりに
    通いやすいと思い入室したのがきっかけでした。
    この1年間で主に勉強のやり方を学んだように思います。
    今まではただ解説を聞いてそれを覚えるというやり方で授業を受けていましたが
    グノーブルでは解説の際、都度先を考えながら聞くように意識するよう
    指導されました。解説時にこれはこう説くのか、次はこうかなと常に先を考えながら
    解説を聞いたことで、考える癖が身に付きました。
    ここで身についた考える癖は、現在の社会人生活にも非常にいきているように思います。

    評価: 2
  • ブルーノ より:

    学校の部活の先輩からよい評判を聞いて、高1から3年間、グノーブルで英語と数学を受講することになりました。英語では、教材の英文を繰り返し音読することが重視されているのですが、これを地道に続けることや、毎回の授業で取り扱う大量の英文に取り組むことで、確実に英語力が伸び、得点源の科目にすることができたように思います。不得意科目だった数学は、最後まで得意科目にはできませんでしたが、塾での学習はもちろん、塾からの指示された問題を家庭学習で解いていくことで、ほどほどの得点まではとれるようになりました。なお、他科目については、大手塾と学校を活用しました。それらの結果、第一志望の大学に現役合格することができました。アドバイスとしては、どの塾でも同じだと思いますが、講師との相性が学力の伸びに影響することがあるので、この点の見極めは重要だと思います。

    評価: 5

コメントを書く

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(13件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(23件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

予備校・塾カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事