岡山大学の各学部の偏差値や難易度は?就職状況などもご紹介!

岡山大学の各学部の偏差値や難易度は?就職状況などもご紹介!

岡山大学は岡山県岡山市に拠点を置く国立大学です。
岡山市内に2つキャンパスがあります。
10学部と大学院で構成されており、岡山県内では1番の偏差値、学力を誇ります。

今回はそんな岡山大学の各学科の特徴、偏差値、学費、評判や学校生活など詳しくご紹介させていただきます。

岡山大学の基本情報

岡山大学
画像引用:岡山大学公式HP
名称 岡山大学
国公私立 国立大学
住所 ・津島キャンパス/〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1
・鹿田キャンパス/〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
学部と偏差値
  • 医学部医学科 65.0
  • 医学部保健学科 47.5~52.5
  • 薬学部 60.0
  • 歯学部 57.5
  • 理学部 57.5~50.0
  • 文学部 57.5
  • 経済学部 57.5~47.5
  • 教育学部 55.0~50.0
  • 法学部 55.0~50.0
  • 農学部 50.0
  • 環境理工学部 50.0
  • 工学部 52.5~50.0
  • 学生数 10105名

    岡山大学ってどういう大学?

    文教大学3号館

    ここでは岡山大学の特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

    SDGsの取り組み

    岡山大学は国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に貢献する活動に取り組んでいます。

    権威ある国内当局によって高等教育機関能力育成プログラムの「ユネスコチェア」にアジアで初めて認可された岡山大学は、国際社会と一体となって「SDGs」達成に向けて様々な活動を行っています。

    持続可能な経済・社会の「ケアエコノミー」の研究や、障碍者が活躍できる職場を目指す「グッドジョブ支援センター」の開設・活動、がん神経医療の創出など、活動は多数の分野に渡ります。

    各学部で目指すSGDsの項目が設定されているため、持続可能な社会への貢献に興味がある方にはおすすめの大学となっています。

    SGU認定

    岡山大学は、「スーパーグローバル大学創生支援事業」に採択され、世界レベルの教育研究を行い、国際化をけん引することを掲げています。

    世界で活躍する人材「実践人」の育成の為に、対話力・想像力・行動力・統率力・決断力などの能力を養う「PRIMEプログラム」に力を注いでいます。

    国際インターンシップや、医学研究インターンシップ、海外短期農業体験実習、カンボジア王国におけるサービスラーニングなどグローバル実践型教育を実施しており、語学の能力だけでなく社会に出てからも世の中を引っ張る力も身につけられます。

    留学生との交流や、海外留学の支援なども手厚くサポートしてくれる大学であるため、グローバルな視点を持ちたいと考える人は進学を考えてみてはいかがでしょうか。

    岡山大学の難易度・偏差値・併願校は?

    学生

    岡山大学は国立大学であるため、それなりに高い偏差値を誇ります。

    医学部65.0~47.5
    薬学部60.0
    歯学部57.5
    理学部57.5~50.0
    文学部57.5
    経済学部57.5~47.5
    教育学部55.0~50.0
    法学部55.0~50.0
    農学部50.0
    環境理工学部50.0
    工学部52.5~50.0

    参照:みんなの大学情報HP

    難易度がが一番高いとされるのが医学部医学科で65。最も低いところで偏差値は47.5です。やはり医学部医学科の偏差値がずば抜けて高いですが、他の学部も侮れません。

    共通テストの得点率も医学部医学科は80%以上、他の学部でも大体6~7割とらなければなりません

    一概にどれほどの難易度かは言えませんが、必要な準備をしていないと合格できないのは確かです。

    また、環境理工学部が工学部に吸収されたため、現在は環境理工学部の募集はありません。

    併願校を紹介すると、関西大学(偏差値52.5~62.5)、同志社大学(55.0~65.0)関西学院大学(52.5~62.5)などが挙げられます。

    岡山大学の学部・学科・入試方法について

    岡山大学の学部・学科

    文教大学には10の学部があり、その中でさらに学科、課程にわかれます。

    学部とは別にグローバル・ディスカバリー・プログラムというコースも設置されており、多角的な学習を行うことができます。

        
    医学部 65.0~47.5
  • 医学科
  • 保健学科
  • 薬学部 60.0
  • 創薬科学科
  • 薬学科
  • 歯学部 57.5
  • 歯学科
  • 理学部 57.5~50.0
  • 数学科
  • 物理学科
  • 化学科
  • 生物学科
  • 地球科学科
  • 文学部 57.5
  • 哲学・倫理学分野
  • 芸術学・美術史分野
  • 地理学・社会学・文化人類学・社会文化学分野
  • 心理学分野
  • 歴史学・考古学分野
  • 言語学・現代日本語学分野
  • 日本語・日本文学分野
  • 外国語・外国文学分野
  • 経済学部 57.5~47.5
  • 経済分析モジュール
  • 政策モジュール
  • 国際比較モジュール
  • 組織経営モジュール
  • 会計学モジュール
  • 社会人基礎モジュール
  • 夜間主コース
  • 教育学部 55.0~50.0
  • 学校教育教員養成課程
  • 養護教諭養成課程
  • 法学部 55.0~50.0
  • 昼間コース
  • 夜間主コース
  • 農学部 50.0
  • 農芸化学コース
  • 応用植物科学コース
  • 応用動物科学コース
  • 環境生態学コース
  • 工学部 52.5~50.0
  • 機械システム系
  • 環境・社会基礎系
  • 情報・電気・数理データ・サイエンス系
  • 化学・生命系
  • グローバル・ディスカバリー・プログラム
  • ディスカバリー専修トラック
  • 学部学科横断型マッチングトラック
  • 参照:公式HP

    文教大学の入試定員

    文学部
  • 人文学科:175名
  • 教育学部
  • 学校教育教員養成課程:250名
  • 養護教諭養成課程:30名
  • 法学部
  • 法学科(昼間コース):205名
  • 法学科(夜間主コース):20名
  • 経済学部
  • 経済学科(昼間コース):205名
  • 経済学科(夜間主コース):40名
  • 理学部
  • 数学科:20名
  • 物理学科:35名
  • 化学科:30名
  • 生物学科:30名
  • 地球科学科:25名
  • 医学部
  • 医学科:112名
  • 保健学科:160名
  • 歯学部
  • 歯学科:48名
  • 薬学部
  • 薬学科:40名
  • 創薬学科:40名
  • 農学部
  • 総合農業科学科:120名
  • 工学部
  • 4つの系合計:599名
  • 岡山大学の入試形式

    一般入試 共通テスト、個別学力検査(※医・歯・薬学部などで面接あり)
    総合型選抜 共通テスト、自己推薦書、調査書、英語資格・検定試験、小論文等(学部によって異なる)
    国際バカロレア選抜 成績評価証明書、自己推薦書、評価書(※医・歯・薬学部などで面接あり)
    学校推薦型選抜 共通テスト、推薦書、小論文、面接等(学部によって異なる)

    ほかにも社会人のための社会人選抜(夜間主コース)や、外国人留学生選抜などの選抜方法も用意されています。

    岡山大学の学費・奨学金制度について

    岡山大学に入学を希望する人の中には、どれくらいのお金がかかるのだろうかと気になっている方もいるのではないでしょうか。
    岡山大学の入学金や学費、奨学金制度についてご紹介していきます。

    岡山大学の入学金

    データは2016年現在の入学生の入学金についてです。

    学部学生、大学院生
    282000円
    学部学生(夜間主コース)
    141000円

    夜間主コースは経済学部、法学部に設置されているコースです。
    主に社会人の方が中間に働きながら、大学にも通い4年間で卒業を目指すためのコースとなっています。範囲内であれば昼間の講義を受けることも可能です。

    岡山大学の授業料

    データは2016年現在のものです。

    区分 前期 後期
    学部学生・大学院生 267900円 267900円
    学部学生(夜間主コース) 133950円 133950円

    奨学金制度

    岡山大学では、日本学生支援機構や、民間公益財団法人、地方公共団体など様々な機関からの奨学金を受けることができます。

    給付型か貸与型、月ごとの金額にはそれぞれ違いがありますので、奨学金を必要としている方はこちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

    また、所得・課税証明書や家庭状況調書を大学に提出し、条件を満たせば入学金や授業料免除を受けられるとのことです。

    岡山大学の評判は?

    最後に岡山大学の評判についてお伝えしていきます。

    いい評判

  • バスも多く通っていてアクセスが良い。
  • 講義棟は新しく、快適に利用することができる。
  • 医学に関してはとても良い実績を残している。
  • 就職率もいい。
  • サークルもたくさんあり、友達を作りやすい環境が整っている。
  • 悪い評判

  • ゼミの内容が難解で理解できないまま卒業するところもある。
  • 講義の質は教授次第。
  • 図書館の環境が悪い。
  • 専門科目の自由度があまりない学部・学科もある。
  • 1コマ120分のことがあり疲れる。
  • 試験がしんどい。
  • レポートもしんどい。
  • 以上のような意見が見受けられました。
    サークルの充実やアクセスの良さを評価する声が多く聞かれました。医学部は医療機器なども豊富だそうです。

    悪い点としては、単位取得の厳しさを嘆く声が聞かれました。
    いい教授と悪い教授、いいゼミと悪いゼミを見分ける洞察力が試されていますね。

    全体としては多くの学部生、卒業生が岡山大学に高い評価を与えていました。

    岡山大学の偏差値・特徴|まとめ

    ここまで岡山大学の情報まとめてきましたがいかがだったでしょうか。
    国立大学という事もあり、留学支援や学校の設備、キャリア教育の環境もしっかり整っているようです。
    難易度の高い入試を乗り越えて入学するにふさわしい大学といえるでしょう。

    この記事が、岡山大学の受験を考えている方、岡山大学に少しでも興味をもっているという方のお役に立てたならば幸いです。

    最後までご覧頂きありがとうございました。

    評価なし

    コメントを書く

    コメントを閉じる

    人気の予備校ランキング

    武田塾

    武田塾

    口コミ数(28件)

    東進衛星予備校

    東進衛星予備校

    口コミ数(14件)

    河合塾マナビス

    河合塾マナビス

    口コミ数(25件)

    四谷学院

    四谷学院

    口コミ数(11件)

    明光義塾

    明光義塾

    口コミ数(4件)

    城南コベッツ

    城南コベッツ

    口コミ数(2件)

    コラムカテゴリの最新記事