予備校の口コミ評判大学受験向け情報が満載

東海大学山形高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

2022.1.11

東海大学山形高等学校は、山形県山形市にある共学の私立高校で、東海大学の提携校です。

部活動においては強豪チームが多く、特に硬式野球部は夏の甲子園に6回、春の甲子園に3回出場経験のある強豪チームです。プロ野球選手、サッカー選手、陸上選手などのスポーツ選手も多く輩出しています。

今回は、この東海大学山形高等学校の偏差値・受験難易度・評判などについて解説していきたいと思いますので、受験生の方はぜひ参考にしてください。

個別指導なら

武田塾

自学自習を徹底サポート!
偏差値40からでも逆転合格を目指せる新時代の予備校

自学自習を徹底サポートで逆転合格を目指せる!

>無料受験相談< 公式サイトはコチラ
通信講座なら

スタディサプリ

プロ講師の授業をいつでもどこでも視聴可能!
教育機関での導入実績も豊富

教育期間での導入実績多数のオンライン学習

>14日間無料体験授業< 公式サイトはコチラ
家庭教師なら

家庭教師のトライ

家庭教師生徒数No.1!
難関大学対策のパーソナルプログラムも実施

全国No.1のマンツーマン指導とAI学習で学力UP

>簡単登録で資料請求< 公式サイトはコチラ

東海大学山形高等学校の基本情報

桜

名称 東海大学山形高等学校
国公私立 私立高校
住所 〒990-2339 山形県山形市成沢西3-4-5
コースと偏差値
  • 普通科特進コース 61
  • 普通科総合進学コース 52
  • 普通科総合学習コース 46
  • 出典:みんなの高校情報

    公式HP:東海大学山形高等学校

    東海大学山形高等学校は、奥羽本線蔵王駅から徒歩15分、山形交通「東海大山形高」バス停下車すぐの場所に位置しています。

    制服は2019年度新入生から新しくなり、男女ともにチャコールグレーの上下に緑のネクタイ・リボンというデザインになっています。夏服はブラウス・ポロシャツタイプの2種類があります。女子はスラックスを選択することもできます。

    東海大学山形高等学校のコース・偏差値

    コース・偏差値

    東海大学山形高等学校には普通科特進コース普通科総合進学コース普通科総合学習コースの3コースがあります。

    普通科特進コース

    普通科特進コースは国公立大学・難関私立大学への進学を目指すコースで、受験偏差値は61です。総合進学コース・総合学習コースとは異なり毎日7時間授業で、もともとの授業数が多くなっています。2年次に文理選択があり、放課後学習会・大学入試対策講座・月1回の校外模試・夏休み中の勉強合宿(4泊5日)などの大学受験対策を行っています。

    また、東海大学の附属推薦制度を使い、医学部医学科に進学することもできるのは大きなメリットです(毎年1,2名)。医学部医学科志望の人は東海大学山形高等学校の特進コースで成績トップを目指すのもいいかもしれません。

    普通科総合進学コース

    普通科総合進学コースは東海大学をはじめとする大学進学を目指すコースで、受験偏差値は52です。特進コースと同様に、2年次に文理選択があります。特進コースよりも、東海大学への進学を中心とした進路指導が中心で、部活動との両立も推奨しています。

    日本で初のパイロット養成専攻のある航空宇宙学科、一般受験では非常に難易度の高い医学部医学科など、総合大学である東海大学のすべての学部・学科に付属推薦で入学することができるのは大きな魅力です。また、公務員講座を1年次後期から受講できることもあり、大学進学以外の進路を選択する生徒も多く、多様な進路へのサポートが充実しています。

    普通科総合学習コース

    普通科総合学習コースは基礎学力の定着をはかるとともに、自己の興味・関心を引き出し資格取得を目指すコースで、受験偏差値は46です。文理選択はなく、選択科目は音楽・美術・書道の芸術科目のほかに、情報・自然・福祉・スポーツ・アニメーションの人間力探究科があります。

    人間力探究科は2年次からの選択科目です。興味・関心、進路に合わせてこれらの科目を選択し、資格取得を目指します。

    東海大学山形高等学校の受験科目・併願校

    東海大学山形高等学校の一般入学試験は基本的に筆記試験のみで、筆記試験科目は国・数・英・理・社5科目です。また、専願の場合のみ面接(15分程度)があります。

    一般入学試験以外に推薦入学試験もあり、推薦入学試験Ⅰ(前期)と推薦入学試験Ⅱ(後期)があります。内容は作文(600字)と面接(15分程度)です。また、推薦入学試験を受験するには一定の内申点が必要で、特進は35以上、総合進学は27以上、総合学習は22以上(推薦Ⅱは25以上)で受験資格が与えられます。これらの点数に満たない場合でも、中学3年間皆勤、部活動での功績、資格取得状況などにより受験が認められる場合があります。

    合格最低点・倍率は公表されていません。

    また、東海大学山形高等学校は、寒河江高等学校(普通科一般コース・偏差値61)、山形中央高等学校(普通科・偏差値61)などの公立高校の併願校となりやすいです。

    東海大学山形高等学校の大学合格実績・進路状況

    東海大学山形高等学校は、学校全体では50.2%が大学進学という進路を選択しますが、この割合はコースごとに大きく異なります。

    ここでは、東海大学山形高等学校の大学合格実績・進路状況をコースごとに詳しく解説します。

    普通科特進コースの進路状況

    2020年度の特進コースの進路状況は、大学進学率が88.3%、が短大・専門学校進学率が5.8%、合計進学率は94.1%でした。就職する生徒はほぼ0で、大学に進学する生徒がほとんどです。

    大学合格実績の大きな特徴は、約3分の1が国公立大学(山形大学、横浜市立大学、福島県立医科大学など)に合格しているという点です。

    過去5年間で進学実績のある大学は、山形大学、山形県立保健医療大学、福島大学、新潟大学、滋賀大学、横浜市立大学、福島県立医科大学、東海大学、東洋大学などです。

    普通科総合進学コースの進路状況

    2020年度の総合進学コースの進路状況は、大学進学率が62.7%、短大・専門学校進学率が28.6%、公務員が1.2%、公務員以外の就職が5.0%でした。つまり、進学率が91.3%、就職率が6.2%という進路状況でした。特進コースほどではありませんが半分以上が東海大学などの四年制以上の大学に進学し、短大・専門学校を含めるとほとんどの生徒が進学をします。

    過去5年間で進学実績のある大学は、東海大学、山形大学、國學院大学、武蔵野大学、東京農業大学などです。

    就職先は、警視庁、山形市役所、山形県警本部、東京消防庁などです。

    普通科総合学習コースの進路状況

    2020年度の総合学習コースの進路状況は、大学進学率が15.6%、短大・専門学校進学率が32.3%、公務員が5.2%、公務員以外の就職が44.8%でした。つまり、進学率が47.9%、就職率が50.0%という進路状況でした。進学・就職の割合がほぼ同じで、この割合は特進コース・総合進学コースとは大きく異なります。

    過去5年間で進学実績のある大学は、東海大学、東北芸術工芸大学、東北文教大学、仙台大学、東洋大学、杏林大学、順天堂大学などです。

    就職先は、警視庁、自衛隊、金山町役場、東北電化工業、片桐製作所、日新製薬、東和薬品、日本郵便などです。

    東海大学山形高等学校の学校生活

    新校舎が完成し、学習環境も部活動の環境も私立高校らしく充実している東海大学山形高等学校ですが、ここでの学校生活はどのようなものなのでしょうか。

    ここでは東海大学山形高等学校の校風、部活動、学校行事などの様子を紹介します。

    校則・校風

    服装検査・頭髪検査はありますが、常識的な範囲内のもので、厳しすぎる校則は特にないそうです。私立らしいきっちりした雰囲気が外部の人からも評判がいいそうですよ。

    部活動・学校行事

    甲子園に複数回出場経験のある野球部をはじめとし、東海大学山形高等学校には強豪の部活動が多いです。全国大会出場経験のある部活動は野球部、男子陸上競技部、サッカー部、吹奏楽部などです。

    学校行事は体育祭・文化祭(建学祭)の二大イベントが特に盛り上がるそうです。体育祭は付近の陸上競技場で行われ、文化祭は校内で2日間にわたって行われます。

    また、修学旅行は他校より充実していると評判です。広島・関西、沖縄、台湾などの行先の候補から選ぶそうです。驚くべきは修学旅行の日数で、4泊5日だそうです。もいけるというのはかなり豪華なのではないでしょうか。

    東海大学山形高等学校の偏差値・特徴|まとめ

    東海大学山形高等学校は、特進コースの国公立大学進学率が特に魅力的で、大学進学以外にも幅広い進路に対して可能性が開かれています。また、部活動も学校行事も充実していると評判の学校でした。

    ぜひ受験を検討してみてください。

    投稿者:kai

    投稿一覧

    コメントを書く

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    関連する記事

    新着コラム

    コラム

    倉敷市立工業高等学校の偏差値は?特徴・評判・難易度まとめ

    この記事では倉敷市立工業高等学校の特徴や偏差値、口コミなどをご紹介します。倉敷市立工業高等学校に進学したいと思っている方や興味があるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

    宮城大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、宮城大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    岩手大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、岩手大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    弘前大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、弘前大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    北見工業大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事では北見工業大学で入りやすい穴場学部や偏差値や倍率をご紹介しています。志望校がまだ決まっていない方や何校受験したらいいのか、併願校がまだ決まっていないなどと悩んでいる方はこの記事を参考にしてみてください!

    人気の予備校ランキング

    • 武田塾

      武田塾

      口コミ数(29件)

    • 東進衛星予備校

      東進衛星予備校

      口コミ数(18件)

    • 河合塾マナビス

      河合塾マナビス

      口コミ数(29件)

    • 四谷学院

      四谷学院

      口コミ数(11件)

    • 明光義塾

      明光義塾

      口コミ数(17件)

    • 城南コベッツ

      城南コベッツ

      口コミ数(5件)