予備校の口コミ評判大学受験向け情報が満載

静岡県富士見高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

2021.9.29

富士見高等学校は静岡県富士市に位置する私立の共学校です。富士見高校というのは埼玉や東京にもあるようですが、今回は静岡県の富士見高校についてご紹介していきます。

中高一貫校となっており、附属の中学校も併設されています。中学入学組と高校入学組は3年間別々のクラスに分けられます。

卒業後の進路については、ほとんどが進学をしますが就職している卒業生もおり、比較的自由に選択できそうです。

今回は、静岡県富士見高等学校の偏差値や特徴・評判について詳しくまとめました。受験校を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

個別指導なら

武田塾

自学自習を徹底サポート!
偏差値40からでも逆転合格を目指せる新時代の予備校

自学自習を徹底サポートで逆転合格を目指せる!

>無料受験相談< 公式サイトはコチラ
通信講座なら

スタディサプリ

プロ講師の授業をいつでもどこでも視聴可能!
教育機関での導入実績も豊富

教育期間での導入実績多数のオンライン学習

>14日間無料体験授業< 公式サイトはコチラ
家庭教師なら

家庭教師のトライ

家庭教師生徒数No.1!
難関大学対策のパーソナルプログラムも実施

全国No.1のマンツーマン指導とAI学習で学力UP

>簡単登録で資料請求< 公式サイトはコチラ

富士見高等学校の基本情報

富士見高校は至誠・創造を校訓としており、心身ともに健全で心豊かな人間、使命感と正しい判断能力を持つ意欲旺盛な人間の育成に努めています。

令和4年度に新たなコースが設置され、さらに活気あふれる学校となりそうですね。

ではその富士見高校の基本情報をお届けします。ご覧ください。

名称 富士見高等学校
所在地 〒416-8555 静岡県富士市平垣町1‐1
電話番号 0545-61-0250
アクセス JR「富士」駅から徒歩7分
設立 1927年
課程 全日制
設置コース 特進コースⅠ類、特進コースⅡ類、富士見の総合コース
形態 共学校
生徒数 942名(男子:434名、女子:508名)
偏差値 43-56

富士見高等学校の偏差値・難易度

富士見高校2

強豪の部活があり制服もおしゃれなため受験生からは人気な富士見高校。読者の皆さんも受験を考えているのではないでしょうか。

そのような方は受験前にはぜひ知っておきべき、富士見高校の偏差値や入学試験の倍率をご紹介いたします。

偏差値

特進コースⅠ類 56
特進コースⅡ類 51
進学コース(総合コースの前身) 43

富士見高校の偏差値は43-56で、静岡県内で57/288位、全国では2146/10,024位と、中の上くらいに位置していますね。

募集人数

普通科(全コース合計) 400名

入試内容

単願者
  • 学力試験(国数英各30分)
  • 面接(個人面接・集団面接両方)
  • 作文
  • 併願者
  • 学力試験(国数英3教科、各50分)
  • 面接(集団面接)
  • 特進コースを単願で受験するためには、5教科の内申点が13以上、9教科合計が24以上ないと厳しいという情報が見られました。
    受験を考える方は注意しておいてください。

    入試の難易度

    富士見高等学校の学力試験は比較的易しいと言われています。

    数学や英語の内容は教科書の例題、例文程度であり、発展的な内容はあまり問われません。教科書などで基礎を固めていくのが良いでしょう。

    しかし、前述の通り、内申点も大きなポイントとなってくるので、合格のためには日頃から中学校での授業態度や成績も意識しなければなりませんね。

    富士見高等学校の大学合格実績

    女の子

    富士見高校は指定校126大学、528人の推薦枠をもち、大学進学にも力を入れています。

    それでは令和2年度の五所川原高等学校の合格実績をご覧ください。

    大学別合格者数

    大学名 偏差値帯 合格者数
    国公立大学
    静岡県立大学 50.0 – 60.0 9名
    都留文科大学 55.0 – 57.5 4名
    静岡大学 47.5 – 55.0 2名
    山梨大学 45.0 – 70.0 2名
    北見工業大学 45.0 1名
    私立大学
    常葉大学 35.0 – 50.0 67名
    日本大学 35.0 – 67.5 7名
    神奈川大学 40.0 – 55.0 6名
    立命館大学 52.5 – 60.0 3名
    龍谷大学 40.0 – 55.0 3名

    大学名をクリックしていただくと、その大学を詳細に紹介した記事をご覧になれます。
    興味のある方はぜひご覧ください。(一部未掲載)

    上記の大学以外にも多数合格者が出ています。

    提携している神奈川大学や、地元の常葉大学への進学者が多くなっています。

    また、別の年には横浜国立大学や神戸大学、浜松医科大学といった難関国公立大学への進学者も輩出しています。

    就職状況

    富士見高校では就職にも力を入れています。主に地元企業や公務員への就職が多いようです。

    令和2年度の就職率は100%となっています。

    コロナ禍の煽りを受けながらも、アサヒ飲料や東芝キャリア、テルモといった企業からの求人をもらっており、就職にも強い高校となっています。

    令和4年度からは総合コースも設置され、よりきめ細かいキャリア教育を受けることも可能となる為、さらに就職実績も華々しいものになることが期待されますね。

    富士見高等学校の学校生活

    高校生カップル

    大学進学、就職をどちらも狙える静岡富士見高校。ここでは実際にはどのような高校生活を送れるのでしょうか。
    それぞれのコースごとのカリキュラムや、部活動について見ていきましょう。

    特進コースⅠ類

    特進コースⅠ類は特に学問に力を入れるコースとなっています。先生方が手厚く勉強のサポートをしてくれるため、学力の向上が期待されます。

    平日は毎日7時間授業で、その後「HAP」と呼ばれる学習活動が行われています。
    ここでは先生との進路相談や、バラエティー豊かな補講(模試対策や英会話、自主活動)が開催されており、単なる学力ではない能力を養っていきます。

    思うような成績が取れない生徒には随時個別指導も行われるなど、きめ細かいサポート体制が整っています。

    これらの指導のおかげで、難関国立大学や有名私立大学へ多くの生徒が進学を果たしています。

    特進コースⅡ類

    こちらは特進コースⅠ類ほどがちがちには勉強せず、部活動との両立を目指すコースです。

    富士見高校には強豪の部活動が多いのですが、それに参加しながらも進学できるようなカリキュラムが組まれています。
    7時間授業を週に3回行い、「Ⅱ類ゼミ」という補講も開講するなど、勉強時間もきちんと確保できる仕組みとなっています。

    生徒は部活や生徒会にも積極的に加入し充実した高校生活を満喫しているとのことです。

    総合コース

    令和4年度に新しく設置される総合コースでは、大学進学だけでなく就職も見据えることができます。

    こちらも部活動との両立を掲げており、進路を見据えながらも高校生活も満喫できる仕組みが整っています。
    こちらのコースでは基礎学力の定着・応用力の獲得を目標にしており、フォローアップ学習も行われています。

    これは3コースに共通して言えることですが、大学キャンパスツアーや、神奈川大学・神奈川工科大学と提携した模擬授業なども行われており、より明確な進路のビジョンをつかむことが出来ます。

    部活動・学校設備

    富士見高校は部活動に力を入れており、特に女子バレー部は全国大会の常連校(8年連続出場)となっています。
    他にも女子ソフトテニス部、バトントワリング部が全国大会出場、バドミントン部が県大会優勝など輝かしい功績がたくさんですね。

    これらの部活動の活動を支えるのが充実した学校の施設です。
    10年ほど前に建て替えられた2つの体育館や、2015年に完成された新グラウンドなど、部活動生が活動しやすい環境が整っています。さすが、私立ということもあり、施設面は非常に魅力的ですね。

    富士見高等学校の評判

    学生ら

    これまで大学の進学実績や受験の難易度、学校生活についてまとめてきましたが、富士見高校に実際に通っていた生徒は学校にどのような印象をもっているのでしょうか。

    では富士見高校に寄せられた、在校生や卒業生からの評判について紹介していきます。

    いい評判

    まずは五所川原高等学校についての良い評判からお伝えしていきます。

    • 文化祭がとても賑やかで楽しい。他校の人も呼べ満足できる。
    • 女子バレーボール部が強く、テレビ出演もした。
    • 先生方が勉強や進路についてのことを手厚くサポートしてくれる。
    • 女子の冬服がかわいい。
    • 駅から徒歩7分の場所にあり、通学に便利である。
    • 体育館が広くて2つあるなど、設備が充実している。

    上記以外にも富士見高等学校についての良い評判はたくさん寄せられていました。

    やはり春高バレーに出場する女子バレー部を評価する声が多かったです。

    悪い評判

    良い評判だけでなく、悪い評判についても紹介していきます。

    • 服装の指導が厳しい。
    • いじめが完全にないわけではない。
    • 他校に比べてスマートフォンマナーに関する校則が厳しい。
    • 特進コースⅠ類は基本的に部活ができない。
    • 私立ということもあり学費は少し高い。

    いじめがないわけではないと言われていますが、そのようなことがあっても先生方が迅速に対応してくれるとのことです。

    また、特進コースⅠ類でも部活と両立している人はいるそうなので、すべては自分の努力次第なのでしょう。

    富士見高等学校の偏差値や特徴|まとめ

    今回は静岡県、富士見高等学校の偏差値や、特徴について詳しく紹介してきました。

    施設も綺麗で、部活も強豪、勉強面のサポートもしっかりしているといういいことづくめな高校でしたね。高校生活を満喫したいという人は志望校の選択肢に加えてみるのもいいでしょう

    最後までご覧いただきありがとうございました。受験生の方々の志望校選択の参考になれば幸いです。

    また、ヨビコレでは、受験生の皆さんに向けて様々な情報を公開しています。志望校選びや、志望校合格に向けての塾選びでお困りの方は、ぜひヨビコレを活用してみてください。

    ▶富士周辺の予備校2022年人気19選!大学受験塾の評判・口コミランキング

    投稿者:KOU

    投稿一覧

    コメントを書く

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    関連する記事

    新着コラム

    コラム

    倉敷市立工業高等学校の偏差値は?特徴・評判・難易度まとめ

    この記事では倉敷市立工業高等学校の特徴や偏差値、口コミなどをご紹介します。倉敷市立工業高等学校に進学したいと思っている方や興味があるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

    宮城大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、宮城大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    岩手大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、岩手大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    弘前大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、弘前大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    北見工業大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事では北見工業大学で入りやすい穴場学部や偏差値や倍率をご紹介しています。志望校がまだ決まっていない方や何校受験したらいいのか、併願校がまだ決まっていないなどと悩んでいる方はこの記事を参考にしてみてください!

    人気の予備校ランキング

    • 武田塾

      武田塾

      口コミ数(29件)

    • 東進衛星予備校

      東進衛星予備校

      口コミ数(18件)

    • 河合塾マナビス

      河合塾マナビス

      口コミ数(29件)

    • 四谷学院

      四谷学院

      口コミ数(11件)

    • 明光義塾

      明光義塾

      口コミ数(17件)

    • 城南コベッツ

      城南コベッツ

      口コミ数(5件)