富士市立高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

富士市立高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

富士市立高等学校は、静岡県富士市にある公立高校です。

特色ある3学科を設置しているほか、究タイムと呼ばれる独自のカリキュラムで、普通の高校では味わえないような学びを提供しています。

今回はそんな富士市立高校を目指す受験生の

富士市立高校の入試の難易度は?偏差値や倍率を知りたい
数字だけじゃ実際の学校生活のイメージが湧かない…
卒業生の進学先や就職先は?
忖度なしのリアルな高校の評判はどんな感じ?
高校のHPはちょっと見るのが面倒くさい…

といった声にマルっとお応えする記事となっています。

富士市立高校についてどこよりも詳しく紹介している記事を目指しました!
富士市立高校を目指す受験生は必見です!!

個別指導なら

武田塾

自学自習を徹底サポート!
偏差値40からでも逆転合格を目指せる新時代の予備校

自学自習を徹底サポートで逆転合格を目指せる!

>無料受験相談< 公式サイトはコチラ
集団授業なら

駿台予備校

仲間とともに高めあえる環境と1人1台のタブレット環境で無駄なく合格を目指せる

タブレット学習で無駄なく志望校合格を目指せる

>入学説明会参加< 公式サイトはコチラ
通信講座なら

スタディサプリ

プロ講師の授業をいつでもどこでも視聴可能!
教育機関での導入実績も豊富

教育期間での導入実績多数のオンライン学習

>14日間無料体験授業< 公式サイトはコチラ

富士市立高等学校の基本情報

富士市立高校 ロゴ
引用:富士市立高校公式HPより
名称 富士市立高等学校
区分 公立高校
設置学科と偏差値
  • 総合探究科:49
  • ビジネス探究科:47
  • スポーツ探究科:47
創立 1962年
所在地 〒417-0847
静岡県富士市比奈1654
・岳南鉄道「岳南富士岡駅」から徒歩10分
・富士急静岡バス「富士市立高校入口」下車、徒歩3分
問い合わせ先 TEL:0545-34-1024
偏差値出典:みんなの高校情報
公式HP:富士市立高校

富士市立高校の偏差値・倍率・難易度は?

合格はちまきをまいた少女

富士市立高校の偏差値・実質倍率(2021年度入試)は以下の通りです。

学科 偏差値 倍率
総合探究科 49 1.01倍
ビジネス探究科 47 0.96倍
スポーツ探究科 47 1.05倍

倍率出典:進研ゼミ中学講座 偏差値出典:みんなの高校情報

富士市立高校の難易度は?

富士市立高校の偏差値は、それぞれ
総合探究科:49
ビジネス探究科:47
スポーツ探究科:47
 となっています。

偏差値は50を基準とした数値ですので、富士市立高校の難易度は”やや易しい~標準的”であると言えるでしょう。

また、倍率についても上記の表は実質倍率(再募集も含めた倍率)となっています。
1回目の募集段階の倍率(志願倍率)では、スポーツ探究科以外は”定員割れ、または定員ちょうど”となっていました。

そのため入試本番はご自身の実力を発揮することに集中すればよさそうです。

富士市立高校の特徴・特色

富士市立高校の特色
引用:高校公式Facebookより

ここでは富士市立高校ならではといった特徴・特色をご紹介します。

その高校にしかない特徴を知ることは受験勉強の大きなモチベーションになるので、ぜひ参考にしてみてください。

究タイムで大学生のような学び方ができる

富士市立高校独自のカリキュラムとして「究タイム」というモノがあります。

究タイムでは、”自ら探究したいテーマを設定→情報収集→情報を論理的に分析する→自分なりの考えを表現する”という、大学で論文を書く際の流れを3年間かけて実践します。

ブレインストーミングやKJ法と呼ばれるアイデア出しの技法や、ディベートの基礎を学ぶことから段階的にレベルアップしていくため、受験段階で自信がない…という人でも安心です。

究タイムのおかげで、しっかりと自分のやりたいことに打ち込める3年間になるうえに、偏差値では図れないホンモノの思考力を身に着けることができるでしょう。

修学旅行が海外!

富士市立高校は公立高校では珍しく、修学旅行の行き先が海外になっています。

あくまでも海外探究研修という名前で、学習の一環として開催されるのですが
総合探究科→ボストン(アメリカ)
ビジネス探究科→台北(台湾)
スポーツ探究科→ゴールドコースト(オーストラリア)
と、それぞれの学科の特性に合わせた研修先に行くことができます。

各研修先では現地の大学・高校での交流や企業訪問などが実施されるようです。

特に、総合探究科ではあのハーバード大学での研修も行われており、聞いているだけでワクワクするような内容ばかりとなっています。

各学科の特徴や学べるコト

富士市立高校には、①総合探究科・②ビジネス探究科・③スポーツ探究科の3つの学科が設置されています。

ここでは各学科の特徴的なカリキュラムや、学ぶ内容をご紹介します。

総合探究科

総合探究科では”大学進学後を意識した学び”として、フィールドワークや、大学生との交流が積極的に行われています。

総合探究科では前述の究タイムの他に、「社会・人文探究」「数学・自然探究」という授業時間が設けられおり、社会課題を解決するためのスタディーツアーなどが実施されるそうです。

教科書だけでは学べない、まさに大学のような学び方ができる学科と言えるでしょう。

ビジネス探究科

ビジネス探究科では、一般的な商業科のように、簿記・マーケティング・情報処理などの専門知識・資格を身につけていきます。

地元企業でのインターンや、証券取引所の見学など、学校の中で留まらない実践的な学びを提供しています。

中でも、富士市立高校ならではの取組といえば「商品開発」の授業です。
富士市特産の農作物を用いた商品を開発するそうで、農作物の収穫から体験できます。

1から作り上げた商品が完成して、誰かの手に渡る経験を高校時代にできるのはとても楽しそうですね。

ちなみに、ビジネス探究科では以下の資格が取得可能です。

取得可能な資格
簿記(1~3級)、情報処理(1~3級)、ビジネス文書(1~3級)、商業経済(1~3級)、電卓(1~3級)

スポーツ探究科

スポーツ探究科では、アスリートとしてスポーツに打ち込むことはもちろん、スポーツの科学的・社会的な側面なども学んでいきます。

キャンプ実習や、カヌー・カーリング・スキーなどの実習というように、課外活動が豊富な点が魅力です。

また体育祭の運営をスポーツ探究科が中心となって行うのですが、運営しきったときの達成感はかけがえのない経験になるそうです。

富士市立高校の進路実績・就職状況

進路実績

高校選びの際に気になるのは、やはり卒業後の将来像ですよね。

ここでは富士市立高校の公式HPより、令和2年度の卒業生の進路状況を学科別にご紹介します。

引用:富士市立高校HP

総合探究科の進路状況

進路先 人数
四年制大学 59人
短期大学 8人
看護・医療専門学校 13人
その他専門学校 29人
就職 5人
その他 2人

また4年制大学の進学先は以下のようになっていました。

【4年制大学】
静岡大学(地域創造学環)、静岡県立大学(経営情報、食品栄養価)、静岡文化芸術大学(文化政策)、都留文科大学(教養)、福島大学(共生システム理工)、高知県立大学(文化)、神奈川大学(経済、外国語、工)、産業能率大学(情報マネジメント)、大東文化大学(外国語)、東海大学(政治経済、海洋)、日本大学(工、国際関係)、明治大学(商)、常葉大学(外国語、健康科、社会環境、造形、保育、法、保健医療)、立教大学(経営)など

地元の国公立大学を始め、様々な大学・学部に卒業生を輩出しているようです。

探究活動を通して、確かな思考能力を身に着けられるためか、同程度の偏差値帯の高校に比べて、国立大学や難関私大の名前が比較的多い点が特徴的です。

ビジネス探究科の進路状況

進路先 人数
四年制大学 20人
短期大学 5人
看護・医療専門学校 5人
その他専門学校 25人
就職 24人
その他 2人

4年制大学の進学先は以下の通りです。

【4年制大学】
静岡大学(人文社会科、夜間主)、静岡県立大学(国際関係)、神奈川大学(外国語)、専修大学(商)、千葉商科大学(商経)、常葉大学(経営)、名古屋学芸大学(管理栄養)、日本大学(国際関係)、文教大学(情報)など

また、進路先として多かった就職について、主な就職先は以下の通りです。

【就職先】
富士信用金庫、富士市農業協同組合、富士宮信用金庫、株式会社プリンスホテル、日本郵便株式会社東海支社、ジヤトコ株式会社、ダイハツ沼津販売株式会社、テルモ株式会社、法務省矯正局、陸上自衛隊など

進学先では静岡大学などの国公立大学、就職では日本郵便を始めとする大企業、といったようにどちらの進路を取る場合も安心できる進路先となっていました。

また、やはり進学の場合は経済・経営系の学部が中心となるようです。
大学によっては、商科系の資格で有利に進学できる大学もあるので、在校中にしっかり資格・検定を取得しておきましょう。

スポーツ探究科の進路状況

進路先 人数
四年制大学 26人
短期大学 1人
看護・医療専門学校 3人
その他専門学校 4人
就職 6人
その他 1人

また、4年制大学の具体的な進学先は以下の通りです。

【4年制大学】
愛知学院大学(心身科)、国際武道大学(体育)、中京大学(スポーツ科)、常葉大学(健康プロデュース)、名古屋学院大学(スポーツ健康科)、日本体育大学(体育)、山梨学院大学(スポーツ科)など

やはりスポーツ関係の学科に進む生徒が多いようでした。

富士市立高校の口コミ・評判

口コミ・評判

多感な高校時代を過ごす学校選びでは、進学実績や偏差値などの数字の情報だけでなく、高校生活の様子についての情報も重要です。

ここでは富士市立高校に実際に通っていた卒業生の口コミをもとに学校生活について紹介していきます。

忖度なしのリアルな評判ですので、ぜひ高校選びにお役立てください。

参照:|みんなの高校情報

校則についての口コミ・評判

・髪型などについては比較的自由度が高い
・スマホは校内利用禁止
・↑破った場合は没収&反省文
・不定期で服装点検が実施される
・バイトは許可制だが、許可がおりることは滅多にない
・特に厳しいと感じたことはない

校則については、厳しさを感じるという意見と、普通だという意見の両方が見られました。

確かに、校則を見る限りでは一般的な公立高校といった印象です。

ただ、定期的に服装検査が行われるなど、チェックの点では厳しさがあるかもしれません。

制服についての口コミ・評判

・男子は一般的な学ランなのでとくに不満はない
・県内の公立高校の中では比較的可愛い
・女子は気に入っている人がかなり多い印象
・靴下が夏でも長いため暑い
・女子の冬服がセーラーブレザーでデザインがよい

制服については好意的な意見が多かったです。

下の画像は実際の制服のデザインですが、確かにシンプルな見た目ながら、形が個性的でオシャレな見た目になっています。

富士市立高校の制服
引用:富士市立高校公式HPより

部活についての口コミ・評判

・サッカー部とチアリーディング部が全国レベルで強い
・運動部は真面目に活動している人が多い
・設備が整っているので活動しやすい
・グラウンドに照明が設置されているので19時頃まで部活に打ち込める
・変わった部活が多いので選択肢には困らない
・琴やゴルフ部など珍しい部活もある

部活動については、種類の多さや活動の活発さが評判でした。

高校の公式HPには部活動の一覧が載っていましたので、進学を検討している場合はぜひ参考にしてみてください。

富士市立高等学校の偏差値|まとめ

今回は静岡県富士市にある富士市立高校について、偏差値や各学科の特徴、進路状況、評判などをご紹介しました。

富士市立高校は・・・

・究タイムという独自カリキュラムで大学のような学びを提供
偏差値は47~49
国公立大学~就職まで幅広い進路に対応している
・修学旅行は海外で、見聞を広げることができる

今回の記事は参考になったでしょうか?
ヨビコレでは様々な高校の紹介記事を随時更新しておりますので、進学先選びに是非お役立てください。

また、地域やブランドごとの塾・予備校の紹介記事も多数掲載しています。
塾・予備校をお探しの際はこちらも併せてご利用ください!
▶富士周辺の予備校2022年人気19選!大学受験塾の評判・口コミランキング

このページは参考になりましたか?

コメントを書く

コメントを閉じる

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(29件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(18件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(29件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(11件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(17件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(5件)

静岡県の予備校・塾一覧カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事