立命館慶祥高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

立命館慶祥高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

立命館慶祥高等学校は北海道江別市に位置する私立の中高一貫共学校です。江別市周辺では「立命館」や「リッツ」と呼ばれています。

「世界に通用する18歳」をスローガンにしており、生徒1人1人の人間力を高めることを目標としています。

2015年には文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けており、特に理数系はハイレベルな教育を受けることができます。

今回はそんな立命館慶祥高等学校の偏差値や特徴・評判について詳しくまとめました。受験校を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

立命館慶祥高等学校の基本情報

画像出典:立命館慶祥高校同窓会HP

立命館慶祥高校は、SSHプログラムを取り入れた理数教育や、海外の学校と深い交流ができる国際教育など、ハイレベルな教育を受けることができます。

立命館大学の付属校でもあるので、高大が連携した指導も行われています。生徒1人1人の夢を実現する為にスケールの大きなカリキュラムが組み立てられています。

名称 立命館慶祥高等学校
所在地 〒069-0832 北海道江別市西野幌640-1
電話番号 011-381-8888
設立 1935年
課程 全日制
設置コース 普通科SPコース、普通科
形態 共学校
生徒数 984名
偏差値 66-69

立命館慶祥高校のコース

立命館慶祥高校には、それぞれの生徒の学力や目標に合わせた沢山のコースが設置されています。
その中から今回は高校入学の生徒向けに設置されているコースについてご紹介していきたいと思います。

高入SPコース

高入SPコースは、東京大学や京都大学、医学部を目指すコースです

高校2年生までにセンター試験の学習範囲を修了し、高3からは志望する大学別の対策講座が行われます。
経験豊富な教師が担任となり、進路指導や丁寧な放課後補修なども行われ、生徒の大学受験をバックアップします。

ネイティブスピーカーによる英語の指導や、難関大学レベルの問題を用いた演習が授業内で行われるなど、ハイレベルな学習環境が準備されています。

難関大コース

立命館大学以外の国公立大学や難関私立大学の受験にも対応するためのコースです。

2019年度の大学入試では8割以上の生徒が現役で希望の進学先へいくなど、様々な夢を実現できるコースとなっています。

一般入試のみならず、推薦入試やAO入試などの様々な形式の入学試験に対応できるように手厚いサポートがなされています。

立命館コース

立命館大学、立命館アジア太平洋大学への進学を前提としたコースです。

高3進学時に、見据える学科や学部を基にして4つのコースの中から一つを選びます。

「IRコース」では国際社会に対応するための力を、「LAコース」では現代社会に必要な幅広い教養を、「JBコース」では経営の実践力や司法分野の知識を、「SSコース」ではSSHの科目を中心とした理系特化の学びを主に得ることができます。

立命館慶祥高等学校の偏差値・難易度

画像出典:立命館慶祥高等学校HP

様々なコースが設置され、自分の夢に近づくことができる立命館慶祥高等学校。魅力的なこの学校の受験を考えている方も多いのではないでしょうか。

では、受験を見据える際には知っておきたい、立命館慶祥高校の偏差値や倍率をご紹介いたします。

偏差値

普通科SPコース 69
普通科 66

立命館慶祥高校の偏差値は66~69で、北海道内で5/474位、全国では224/10,053位となっています。

北海道の私立高校のなかでは札幌光星高校に次いで2番目に高い偏差値を誇ります。
地元ではかなりの進学校とされています。

募集人数と入試倍率、難易度

普通科と普通科SPコースの合計数です。

募集人数 305名
入試倍率 1.4倍

305名の中には内部進学の生徒の数も含まれており、高校からの入学生の数はおよそ125名となっています。

2020年度の立命館慶祥高校の志願者は485名、合格者は429名で、倍率は約1.14倍でした。
定員よりも多く合格者が出ているようですね。

入試問題を見てみたところ、難易度的にはさほど高くない様に思われます。
中学校の教科書レベルの基礎的な内容が多く問われているようでしたので、徹底した学校内容の復習などで十分に対策できるはずです。

入試内容

推薦選抜 学力試験(国数英、各100点満点)、調査書、推薦書、面接
単願・専願 学力試験(国数英、各100点満点)、調査書、面接
首長推薦 学力試験(国数英、各100点満点)、調査書、自治体の首長推薦書、面接
全国一般、帰国1月 学力試験(国数英、各100点満点)、調査書、面接
一般選抜 学力試験(国数英理社、各100点満点)、調査書

参照:立命館慶祥高校公式HP

立命館慶祥高校には様々な入試制度が用意されています。

推薦選抜に関しましては、SPコースへの推薦は内申がAランクであることが求められています。

また、SPコースへの入学は各種試験(SP推薦除く)で8割以上の点数を獲得することが目安になっています。

日本の会場以外にも、11月にバンコクで入試が行われる海外入試の制度もあります。
国数英の三科目と面接の成績で選抜されます。

立命館慶祥高等学校の大学合格実績

優秀

最難関大学合格を目指すコースも設置されている立命館慶祥高等学校。
では、その大学合格実績はどのようなものなのでしょうか。

2020年度の大学合格実績をご覧ください。

()内の数字は現役生の数を示しています。

大学別合格者数

国公立大学合格実績 私立大学合格実績
東京大学:6名(6名)
京都大学:5名(4名)
北海道大学:28名(21名)
一橋大学:1名(1名)
東北大学:1名(0名)
大阪大学:2名(1名)
横浜国立大学:1名(0名)
国際教養大学:1名(0名)
東京都立大学:2名(2名)
早稲田大学:12名(9名)
上智大学:3名(3名)
東京理科大学:17名(10名)
中央大学:17名(11名)
立教大学:3名(1名)
明治大学:12名(7名)
青山学院大学:4名(4名)
法政大学:12名(7名)
学習院大学:1名(1名)
同志社大学:6名(4名)
立命館大学:144名(学内進学)
立命館アジア太平洋大学:14名(学内進学)

上記の大学以外にも多数合格者が出ています。

SSH指定高校とあり、立命館慶祥高校は医学部進学にも力を入れているようです。
2020年度は北海道大学医学科に5名、防衛医大医学科に2名、北京大学医学部にも1名合格者を出すなど、理科系の教育の強さが数字に表れていますね。

内部推薦で立命館大学に行くだけでなく、他の大学への進学実績も優秀であることがこの高校の強みではないでしょうか。

立命館慶祥高等学校の学校生活

非常に優れた大学進学実績を残している立命館慶祥高等学校では、そこではどのような学校生活を送ることができるのでしょうか。
高校の特徴についてご紹介していきます。

ハイレベルな理数教育

立命館慶祥高校はSSHのカリキュラムに基づき、様々な授業や研究をしています。

大学教員を招いて講義を受けたり、ゼミ形式で科学に関する新書を読んでそれに関する討論をしたり、研究課題の設定から発表まで行ったりなど、将来的にも役立つような活動が盛りだくさんです。

シンガポールやハワイ、韓国といった海外の大学に赴いて、英語でのプログラムを受ける海外研修などにも参加でき、科学への知見を大きく広げることもできます

立命館大学やその他の大学との高大連携事業も行われ、最先端の知識の獲得、科学的な思考力の育成に一役買っています。

国際教育

立命館慶祥高校はスーパーグローバルハイスクール(SGH)にも指定されており、国際教育も盛んにおこなわれています。

各種海外研修コースや語学留学に参加できます。
海外研修ではボランティアや自然保護活動、子どもたちとの交流などのプログラムを現地で行い、国際的視点を獲得します。自身の進路選択にも多大な影響を持つことでしょう。

また、自由英作文のスピーチや英文の暗唱などが行われる英語フェスティバルも開催されており、英語力だけでなく表現力も養うことができます。

充実した学校設備

広くてきれいな学校の設備もこの高校のアピールポイントでしょう。

一般のジムには劣らないトレーニングルームや広いアリーナ、400mトラックを備えたグラウンドや野球場、サッカー場など部活動をするには非常に満足度の高い設備がそろっています。

5万冊以上の蔵書がある図書館や3階まで吹き抜けになったホールなど、落ち着いた環境で学習に臨むこともできます

通学の為のスクールバスも多く保有しており、登下校合わせて70本ほどの便が運航しています。

非常に素晴らしい設備を有する高校ですね。

立命館慶祥高等学校の評判

これまで大学の進学実績や受験の難易度、学校生活についてまとめてきましたが、実際に通っていた生徒はどのような印象を持っているのでしょうか。

それでは立命館慶祥高校に寄せられた、在校生や卒業生からの評判について紹介していきます。

いい評判

まずは立命館慶祥高等学校についての良い評判からお伝えしていきます。

  • 北海道の中でも人気の高い制服である。
  • 充実した設備が魅力的。
  • 立命館大学への推薦枠もある為、進学率がとても高い。
  • やる気があれば何でも挑戦できる環境である。
  • 部活動をするにはうってつけだ。
  • 海外研修などの国際交流事業がたくさん用意されている。
  • 上記以外にも立命館慶祥高等学校についての良い評判はたくさん寄せられていました。

    充実した設備や、学習プログラムを高く評価する声が多く聞かれました。私立の強みですね。

    悪い評判

    良い評判だけでなく、悪い評判についても紹介していきます。

  • 内進生のなかに意識の低い人が見られる。
  • スマホの使用が制限されている。
  • 強くない部活生が騒いでいる。
  • イベントが少ない。
  • 学費が高い。
  • 立命館大学にほぼ確定で行けるため、意識が低くなっている人がちらほら見られるようです。

    学問や国際交流、部活動など何にでもチャレンジできる環境を有効に活用していきたいですね。

    立命館慶祥高等学校の偏差値や特徴|まとめ

    今回は立命館慶祥高等学校の偏差値や、特徴について詳しく紹介してきました。

    SSH、SGH両方に指定されている学校である為、英語系にも理数系にもどちらにも強く、様々な将来の選択肢を得られる素晴らしい高校なのではないでしょうか。

    最後までご覧いただきありがとうございました。この記事が立命館慶祥高校の受験を考えている方の参考になれば幸いです。

    また、ヨビコレでは、受験生の皆さんに向けて様々な情報を公開しています。志望校選びや、志望校合格に向けての塾選びでお困りの方は、ぜひヨビコレを活用してみてください。

    このページは参考になりましたか?

    コメントを書く

    コメントを閉じる

    人気の予備校ランキング

    武田塾

    武田塾

    口コミ数(16件)

    東進衛星予備校

    東進衛星予備校

    口コミ数(13件)

    河合塾マナビス

    河合塾マナビス

    口コミ数(23件)

    四谷学院

    四谷学院

    口コミ数(7件)

    明光義塾

    明光義塾

    口コミ数(3件)

    城南コベッツ

    城南コベッツ

    口コミ数(2件)

    北海道の予備校・塾一覧カテゴリの最新記事

    コラムカテゴリの最新記事