予備校の口コミ評判大学受験向け情報が満載

川崎工科高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

2022.1.11

川崎工科高校は神奈川県の川崎市に位置する公立高校です。

「ロボットシステムコース」「電気テクノロジーコース」など多くの特色のあるコースがあり、進学と就職どちらにも強い魅力的な高校です。

今回は、そんな川崎工科高校の偏差値や特徴について詳しく紹介します。

入学を考えている方は参考にしてみてください。

個別指導なら

武田塾

自学自習を徹底サポート!
偏差値40からでも逆転合格を目指せる新時代の予備校

自学自習を徹底サポートで逆転合格を目指せる!

>無料受験相談< 公式サイトはコチラ
通信講座なら

スタディサプリ

プロ講師の授業をいつでもどこでも視聴可能!
教育機関での導入実績も豊富

教育期間での導入実績多数のオンライン学習

>14日間無料体験授業< 公式サイトはコチラ
家庭教師なら

家庭教師のトライ

家庭教師生徒数No.1!
難関大学対策のパーソナルプログラムも実施

全国No.1のマンツーマン指導とAI学習で学力UP

>簡単登録で資料請求< 公式サイトはコチラ

川崎工科高校の基本情報

川崎工科高校

参照:川崎工科高校公式HP

名称 川崎工科高校
所在地 神奈川県川崎市中原区上平間1700−7
設立 1941年
コース
  • ロボットシステムコース
  • 電気テクノロジーコース
  • 情報メディアコース
  • 環境エンジニアコース
  • 食品サイエンスコース
  • 機会エンジニアコース
電話番号 044-511-0114
最寄り駅
  • 平間駅(JR南武線)
  • 新川崎駅(JR横須賀線)

引用:川崎工科高校公式HP

ますは、川崎工科高校の基本情報から見てきましょう。

川崎工科大学の近くの駅は、徒歩8分の平間駅と徒歩15分の新川崎駅の2つで、比較的通い場所に位置しています。

川崎工科高校の特徴や魅力

川崎工科高校

川崎工科高校は、科学技術の発展と、広く世界的に活躍の場を置くことを目標にしている高校です。

今回は川崎工科高校が、どんな特徴や魅力があるのか詳しく紐解いて行きます。

川崎工科高校の特色ある部活

川崎工科高校には、他の高校では類を見ない、特殊な部活が多く揃っています。

ここでは、川崎工科高校の変わった部活をいくつか紹介して行きます。

アマチュア無線部

川崎工科高校には、アマチュア無線部という部活が存在し、無線について研究する部活です。

神奈川県の高校のアマチュア無線大会に出場したりと、活発に活動しているようです。

また、第10回全国高等学校ARDF競技大会に出場を果たし輝かしい結果を残しています。

電気研究部

理系に特化している川崎工科高校には、電気研究部という部活があります。

電気研究部は、電気工事班パソコン班の2つの班に分かれ、実験や研究をして電機分野の理解を深めることが出来るようです。

パソコン班では、実際にプログラミングを組むための言語を学んだりゲームなどを自分達の手で作ったりと、とても魅力的なことを行っています。

川崎工科高校の部活は特殊なものが多く揃っており、新たなものに挑戦する良い機会になるでしょう。

川崎工科高校の充実したキャリア指導

川崎工科高校は、進学も就職も可能にする独自のキャリア指導を行っています。

高校では珍しいインターンシップを高校生のうちから行うことで、仕事に対しての理解を深めることが出来たり、企業説明会を開き、情報を得る機会を提供したりと多くの就職の手厚いサポートを行っています。

川崎工科高校では、進学はもちろんのこと、就職にも強い高校となっています。

川崎工科高校の充実した実験・実習設備

川崎工科高校には、他の学校には無いような設備が豊富に揃っています。

3Dプリンタロボット制御実習設備科学分析機器などの専門的な道具が揃い、授業がより深く、より専門性を持ったものとなっており、自分達で実践しながら出来るのは大きな魅力の1つでしょう。

このように、川崎工科高校では専門性の高い授業を受けることが可能です。

川崎工科高校の特色あるコース

川崎工科高校

川崎工科高校は、理系ならではの特殊なコースがある高校です。

そこで、今回はその中でも特徴的な学科を紹介して行きます。

情報メディアコース

デジタルメディア作成のために、ハードウェアとソフトウェアの両面から幅広い知識と技術を習得することを目標にしているコースです。

情報メディアという学問はこれからの時代において必要不可欠となる分野であり、それを専門として学べるのは魅力的ですね。

さらに、3年次からプログラミング技術を学ぶ事ができ、時代を先行したコースと言えます。

食品サイエンスコース

食品サイエンスコースでは、食品成分に基づき、食べ物の分析や科学を中心とした食品製造の技術や、食の安全に関する知識を得ることを目標としたコースです。

食品を科学の視点から紐とくという、理系の高校ならではの試みあり、類を見ない内容となっています。

また、科目の一部として実習の時間が確保されており、自分達が実際に体験出来るようになっているようです。

川崎工科高校の偏差値・難易度

川崎工科高校

川崎工科高校の偏差値と2021年度の入試倍率は以下の通りです。

学科 偏差値 倍率
総合技術科 41 0.79

引用:川崎工科高等学校 口コミ – 神奈川県の高校 – みんなの学校情報

川崎工科高校の難易度

川崎工科高校の全体的な偏差値は41平均と比べやや低くなっているようです。

また、神奈川県内では268/ 337位、神奈川県内公立の中では162/ 201位と難易度も比較的易しめでしょう。

倍率も高くはないため日頃の勉強をしっかり行えば、大丈夫でしょう。

川崎工科高校の大学合格実績

川崎工科高校

川崎工科高校は、多くの工業ならではの特色を多く持っていますが、進学実績はどうなっているのでしょうか。

川崎工科高校のHPを覗いて見ると、多くの学生が就職をしているようです。

川崎工科高校の主な進学先と就職先

今回は川崎工科高校の生徒がどのような大学に進学しているかと、どの企業に就職しているかをまとめてみました。

主な進学先 主な就職先
  • 麻布大学
  • 神奈川大学
  • 関東学院大学
  • 湘南工科大学
  • 東海大学
  • 日本大学
  • 旭ダイヤモンド工業㈱玉川工場
  • 三菱重工業㈱
  • 日本物流センター㈱
  • トーコービルシステム(株)
  • 日本ユニカー㈱
  • JFEメカニカル(株)東日本事業所
  • 参照:川崎工科高校公式HP

    上記以外にも書ききれないほどの 進学先と就職先があり、進学も就職も充実していることがわかります。

    しかし、川崎工科高校の多くの学生は、就職を選択するようです。

    その要因としては、川崎工科高校の就職のサポートが手厚く、他の学生よりも優位にあるため、就職を選ぶ生徒が半数を超えています。

    川崎工科高校の評判

    川崎工科高校

    川崎工科高校のいい評判

    就職に強く、多くの魅力を持つ川崎工科高校の、在学生や卒業生は学校に対しどのような印象を持っているのでしょうか。

    では川崎工科高校によせられた口コミ・評判からお伝えしていきます。

    • 就職にとても強い
    • 多くの分野を経験し、自分の興味のある分野を専攻できる。
    • 技術分野を生かした文化祭
    • 制服がかっこよくて、可愛い。

    やはり、工業高校ならではの強味を生かしたものが多く、良い学校ですね。

    また、就職が強いのも1つの大きな魅力です。

    川崎工科高校の悪い評判

    もちろん、いい評判だけではなく、悪い評判も存在します。

    • 大学進学には向いていない
    • 校則が厳しい。
    • 全体的に校舎が古い。
    • 文化祭以外の行事が盛り上がらない。

    川崎工科高校は卒業生の半数以上が就職と、就職がメインの学校となっているため大学進学は向いていないと言えます。

    しかし、大学進学を考えている人も一定の条件を満たせば、指定校推薦などで大学進学が目指せるようです。

    川崎工科高等学校 口コミ – 神奈川県の高校 – みんなの学校情報

    川崎工科高校の偏差値や特徴|まとめ

    今回は川崎工科高校の偏差値や特徴や魅力について詳しく紹介して来ました。

    川崎工科高校は、理系に特化した高校ということもあり、特徴的なコースや部活がありとても充実した学校です。

    また、就職にはめっぽう強く、就職を考えている人にとっておすすめの高校となっています。

    高校に進学した後も、次には大学の受験が待ち受けています。

    優れた予備校の講師とともにぜひ一流の大学を目指してみてはいかがでしょうか。
    ▶川崎の予備校2022年人気23選!大学受験塾の評判・口コミランキング

    投稿者:ヨビコレライター

    投稿一覧

    コメントを書く

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    関連する記事

    新着コラム

    コラム

    倉敷市立工業高等学校の偏差値は?特徴・評判・難易度まとめ

    この記事では倉敷市立工業高等学校の特徴や偏差値、口コミなどをご紹介します。倉敷市立工業高等学校に進学したいと思っている方や興味があるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

    宮城大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、宮城大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    岩手大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、岩手大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    弘前大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事は、弘前大学で入りやすい学部について、偏差値・倍率といったデータをもとに詳しく解説しています。最新の入試情報についてもご紹介しています。この記事の情報が受験生のみなさんの志望校選択や学部選択の参考になっていれば幸いです。

    北見工業大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

    この記事では北見工業大学で入りやすい穴場学部や偏差値や倍率をご紹介しています。志望校がまだ決まっていない方や何校受験したらいいのか、併願校がまだ決まっていないなどと悩んでいる方はこの記事を参考にしてみてください!

    人気の予備校ランキング

    • 武田塾

      武田塾

      口コミ数(29件)

    • 東進衛星予備校

      東進衛星予備校

      口コミ数(18件)

    • 河合塾マナビス

      河合塾マナビス

      口コミ数(29件)

    • 四谷学院

      四谷学院

      口コミ数(11件)

    • 明光義塾

      明光義塾

      口コミ数(17件)

    • 城南コベッツ

      城南コベッツ

      口コミ数(5件)