高松第一高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

高松第一高等学校の偏差値は?高校の特徴・評判・難易度まとめ

香川県高松市に位置し県内唯一の市立高校である高松第一高等学校。
今回はスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校に認定され、多様な選択肢のある高松第一高等学校について特徴や評判・偏差値や合格実績などについてまとめていきます。

受験校選びをしている方や、高松第一高等学校やスーパーサイエンスハイスクール指定校に興味があるという方はぜひ参考にしてください。

高松第一高等学校ってどんな学校?

学習机

高松第一高等学校は今年創立91年を迎える県下でもトップクラスの進学校です。
「長い伝統と歴史を受け継ぎながら、これからの社会の変化やニーズに応えられるような学校づくり」という学校方針のもと香川県高松市に設立されました。それぞれの進路に合わせて科目選択ができるように学科・コースが設立されていて、コースに合わせた研修旅行や多様な学校行事を設けて生徒の自己実現へ受けた支援をしています。また学業だけでなく、部活動にも力を入れている文武両道な学校です。

名称 高松第一高等学校
校長 竹本 恵一
所在地 香川県高松市桜町2丁目5番10号
設立 1928年(昭和3年)
課程 全日制
設置学科 普通科・音楽科
職員数 102名
生徒数 909名
偏差値 69/53

参照:公式HP

学科は大きく分けて普通科音楽科の2つがあります
普通科の中でも文理コース・国際文科コース・特別理科コース・美術専攻コースの4つのコースの中から選択することができます。それぞれのコースについて詳しく説明していきたいと思います。

普通科・文理コース

【国公立大学などへの進学を目指し、個人個人にあったより専門的な内容を学習できるコースです。】

〇特徴〇

  • 専門的な内容学習のために2年次以降の文理選択
  • 各教科の学習ガイダンス
  • 放課後・土曜日の自習室開放
  • 多様な進学課外
  • 進路実現を目的とした講座
  • 面接対策講座・個人面接対策講座
  • 充実した学習内容だけでなく、進学へ向けての面接対策などもあり心強いです。

    国際文科コース

    【文系難関大学への進学を目指し、人文・社会科学への関心を高め、独自のプログラムで生きた英語を習得するコースです。】

    〇特徴〇

  • 約2週間のホームステイ
  • 課題研究を目的とした大学や官庁・企業訪問
  • 工夫された英語の授業
  • 1日10時間のセミナー合宿
  • 特別課外
  • 国際文科コースなだけあり実際に国際経験を積める点が魅力的です。

    特別理科コース

    【理系難関大学への進学を目指し、個々の適正、進路に応じてきめ細かな指導をするコースです。】

    〇特徴〇

  • 大学や科学博物館提携のSSH学校指定科目
  • 関東学習として日本有数の博物館訪問
  • 国際性や語学力を養う英・米への海外研修
  • 1日10時間以上のセミナー合宿
  • 特別課外
  • SSHに認定されているため、緻密で充実している学習内容に加え英語教育へも力を入れています。

    美術専攻コース

    【美術系・建築系・教員養成系の大学への進学を目指し、2年次より実践するコースです。】

    〇特徴〇

  • 個人スペースのある美術室で年間を通した作品制作の取り組み
  • 大学受験を控えた3年生対象の実技指導
  • 幅広い実技のサポート・実習
  • 進学実現の為、惜しみなく整えられた環境と学習内容が素晴らしいです。

    音楽科

    【理論や実技の習得だけでなく、普通教科の学習にも力を入れています。】
    音楽大学進学では全国的にも優れた成績を上げています。
    特徴としては声楽・ピアノ・還弦打楽器それぞれ約30名の指導者がつき、個人個人に合わせた充実した個別指導も行っています。

    高松第一高等学校の偏差値は?難関度は?

    勉強              
    普通科69
    音楽科 53

    香川県内で2位/112件中
    全国224位/10,054件中
    高校の平均偏差値は50なので平均しても高い偏差値であるといえます。
    高い順位に加えてSSHに認定されているためやはり難易度は高いといえます。

    入試内容

    一般入試 ①学力試験(国数英理社)   ②面接
    自己推薦選抜 ①総合問題   ②作文   ③適正検査

    募集人数

    普通科 280人 音楽科 25人

    2019年度入試倍率

    一般入試
    普通科 1.15 音楽科 1.08
    自己推薦選抜
    音楽科 1.92

    自己推薦選抜は普通科の募集は行っておらず、音楽科のみの募集になります。

    高松第一高等学校の部活動は?

    運動

    SSHとして科学だけでなく英語学習や生徒一人一人にあった学習に取り組んでいる高松第一高等学校ですが、部活動も活発で、1年次には全生徒が入部必須となっております。そんな高松第一高等学校の部活の成績などについてご紹介します。

    文化部 22部 運動部 18部

    文化部は文芸部や吹奏楽部を始め、茶華道部や放送部、フォーク部など全22種類の部活動があり、運動部は陸上やバレーボールに加え新体操やヨットなど珍しい種類の部活動まで18種類の部があります。

    部活動の実績は?

    さて、ここで気になるのが部活動の実績です。文武両道な学校の部活動実績を見ていきましょう。

  • 吹奏楽部
  • 全国大会:出場11回
    四国大会:40年連続出場

  • 合唱部
  • 全日本合唱コンクール:入賞
    NHK合唱コンクール:入賞

  • 書道部
  • 国際高校選抜書展:入賞

  • 野球部
  • 選抜高等学校野球大会:出場1回
    全国高等学校野球選手権大会:出場3回

  • バレーボール部
  • インターハイ:男子出場1回

  • バドミントン部
  • 全国高等学校選抜バドミントン大会:男子団体ベスト4

    学業だけでなく、部活動にも力を入れ様々な実績や賞を取得しています。
    中でも吹奏楽部は県内だけでなく四国では強豪校とし、有名指導者の下練習をすることもあります。

    高松第一高等学校の評判は?

    評判

    ここで高松第一高等学校の評判についてです。

    高松第一高等学校の良い評判

    県内2位で高い偏差値を誇る高松第一高等学校の良い点から見ていきたいと思います。

  • 先生と生徒の距離が近く、親身なって指導をしてくれる。面倒見がいい
  • 生徒同士の男女の壁も少なくストレスフリーな生活を送れる
  • 学習環境が整っている
  • 食堂のドーナッツが美味しい
  • 将来について早い段階から考えることができる
  • 生徒の意識が高くいい刺激になる
  • イベントの規模が大きい
  • 体育祭や文化祭などのイベントが楽しい
  • コース選択できるため深い学習が可能
  • 難関校への進学ができる
  • 上記のもの以外にもたくさんのいい点がありました。
    先生の手厚い教育や熱心な指導が受けることができる点に関しては偏差値の高い進学校ならではのいい評判で、たくさんのいいい反応を見受けることができました。

    高松第一高等学校の悪い評判

    沢山良い点がありましたが、今度は悪い評判も見ていこうと思います。

  • 制服がダサい
  • 課題や小テストが多い
  • 校則が厳しい
  • 課題や小テストが多いといった評判もやはり進学校ならではですね。

    高松第一高等学校の制服・校則は?

    先ほどの評判でもあったように制服がかわいくなく、校則が厳しいとありましたが実際のところはどうなのでしょうか。

    夏服
    女子
  • 黒ベスト
  • 黒プリーツスカート
  • 白ブラウス
  • 男子
  • 黒パンツ
  • 白Yシャツ
  • 評判の悪い夏服ですが、落ち着いた雰囲気の漂う伝統を重んじた素敵な制服となっています。
    親御さん方には好感度が高いようです。

    冬服
    女子
  • 夏服同色のブレザー
  • 白Yシャツ
  • 夏服同様ベスト
  • 夏服同色黒プリーツスカート
  • 男子
  • 白Yシャツ
  • 黒学ラン
  • 冬服も夏服同様落ち着いて伝統を重んじた雰囲気のある制服となっております。
    次は校則についてです。

    長期の休み明けなど年に数回、全校集会などで服装検査が行われるが、そこまで厳しくはなく、制服を改造したりアレンジをしたりして着ている生徒も少ないです。
    スマホの校内使用やアルバイト、化粧は禁止です。スカートの丈や靴下の丈、遅刻に関しては厳しいですがあまり大変ではないです。

    高松第一高等学校の合格実績は?

    合格

    ここで話を戻して、進学校である高松第一高等学校の合格実績についてです。※一部抜粋

    大学合格者数
    北海道大学 22年度:5人 23年度:4人 24年度:4人
    東北大学 22年度:2人 23年度:2人 24年度:1人
    筑波大学 22年度:1人 23年度:7人 24年度:1人
    千葉大学 22年度:2人 23年度:3人 24年度:2人
    東京学芸大学 22年度:5人 23年度:3人 24年度:3人
    奈良女子大学 22年度:2人 23年度:1人 24年度:4人
    香川大学 22年度:40人 23年度:39人 24年度:35人
    青山学院大学 22年度:5人 23年度:4人 24年度:3人
    慶應義塾大学 22年度:3人 23年度:4人 24年度:4人
    早稲田大学 22年度:8人 23年度:12人 24年度:10人
    京都女子大学 22年度:10人 23年度:22人 24年度:12人
    同志社大学 22年度:28人 23年度:26人 24年度:25人
    立命館大学 22年度:49人 23年度:35人 24年度:55人
    関西大学 22年度:26人 23年度:23人 24年度:30人
    琉球大学 22年度:- 23年度:1人 24年度: 

    参照:公式HP

    北海道から沖縄まで数多く偏差値の高い大学への合格実績がありました。国公立から私立まで、高い偏差値を誇る進学校ならではの実績です。

    高松第一高等学校のまとめ

    さてここまでの高松第一高等学校の基本情報、特徴、偏差値、部活動などについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

    県下でもトップクラスの進学校であり、SSH指定校にも認定された高松第一高等学校ですが、英語教育や音楽教育にも力を入れていて幅広く、かつ個人の専攻も集中して取り組むことのできるため、進学校への進学を望む方オールマイティーに学び、特に専攻をしっかりと身に付けたいという方には最適の環境であると言えます。

    ヨビコレでは様々なコンテンツを配信しています。志望校選びや、志望校へ向けての塾選びなど、皆さんのお役に立てると思います。
    進路や今の成績で悩んでいる学生さんは、塾や予備校選びなどにもぜひお役立てください!

    このページは参考になりましたか?

    コメントを書く

    コメントを閉じる

    人気の予備校ランキング

    武田塾

    武田塾

    口コミ数(28件)

    東進衛星予備校

    東進衛星予備校

    口コミ数(14件)

    河合塾マナビス

    河合塾マナビス

    口コミ数(25件)

    四谷学院

    四谷学院

    口コミ数(11件)

    明光義塾

    明光義塾

    口コミ数(4件)

    城南コベッツ

    城南コベッツ

    口コミ数(2件)

    香川県の予備校・塾一覧カテゴリの最新記事

    コラムカテゴリの最新記事