受験生や浪人生におすすめの在宅学習や通信教育まとめ

受験生や浪人生におすすめの在宅学習や通信教育まとめ

新型コロナウイルスの世界的大流行で一躍注目を集めているのが、通信予備校などインターネット環境を利用して講義を受講する在宅学習です。

一言に在宅学習だの通信予備校だのと言ってもその種類は豊富であり、一般にイメージするようなオンライン授業などは、そのごく一部に過ぎません

今回はそんな在宅学習や通信予備校について、基本情報や効果的な利用方法だけではなく目的に合わせたおすすめの予備校などを紹介していきます。

通信制予備校のメリットとデメリットは?

通信制予備校、オンライン授業、在宅学習、呼び方はなんにせよこれらの学習方法は近年のインターネットの普及に比例して急速に発達してきました。

これらは全てインターネットを利用した学習という共通点があり、大きなメリットと同時にデメリットも抱えています。

「オンライン指導」のメリットは?

インターネット環境を利用した通信制の学習においては、何よりも利便性の高さが最大のメリットとして挙げられるでしょう。

スマートフォンやタブレット、パソコン一つでインターネット環境さえあればどこでもいつでも視聴できる手軽さと気安さは言うまでもありませんよね。
他にもメリットとして挙げられるのは、映像授業故の繰り返し視聴や一時停止機能、質問へのハードルの低さではないでしょうか。

ライブ式の授業だと授業スピードに付いていくのが精一杯で、内容ではなく疲労で満足度がごまかされてしまう傾向があります。
授業中に手を挙げて質問するなんてもっての外ですし、ちょっとした授業に関する質問は怖くて聞けない、なんてことがあるかもしれません。

それに対して映像式の授業などは聞き逃した言葉は巻き戻せばいいですし、ノートを取りたい時は停止すると置いていかれることもありません。
さらに直接面と向かって質問に行く必要はなく文面で解説してくれるのがほとんどですから、質問しやすいといえるでしょう。

「オンライン指導」のデメリットは?

そのようなメリットに対してオンライン指導が抱えるデメリットとは一体何でしょうか?

第一に挙げられるのは、インターネット環境で学習を行うという状況でしょう。

授業動画を視聴しているスマートフォンやタブレットは、SNSやゲームに何よりもアクセスしやすいアイテムです。
実際集中力が途切れてついついInstagramやTwitterなど見てしまう、という人もいるでしょう。そもそもその点においては、自宅というのも誘惑の多い環境といえます。

さらに挙げるなら、WiFi環境に依存するという点もあるでしょう。”映像”授業ですので視聴には大きなデータ通信量が発生します。
そのため速度制限やデータ使用料に気を取られることなく授業を視聴する上でWiFi環境は必要不可欠とすらいえるでしょう。

成功するための三ヵ条

大きなメリットとデメリットを持つオンライン環境を利用した在宅学習ですが、その環境を上手く活用して学習を行うために行うべき最低限を三ヵ条にまとめました。

その1 目に見える誘惑の排除

まず第一に行うべきは、勉強するスペースから誘惑となるものを片づけることです。
自室なら気がそれてしまいそうなものを片づけたり、見えないようにして隠してしまいましょう。
もしも机とその周りが乱れているなら片づけを行って、綺麗な状態で学習を行うとなお良いです。

その2 学習に適した快適な環境を整える

次に行うべきは学習環境の整備です。
スマートフォンから授業を視聴するなら、可能であればパソコンの画面やテレビと接続したりと少しでも大きな画面で視聴するようにして、不可能でしたらスマートフォン用のスタンドを使用しましょう。
ほんの少しの動作でしょうが、あるのとないのではかなり快適さが違いますよ。

集中する時間を決めて取り組む

タイムスケジュールを立ててメリハリをつけながら学習を行うのも手です。
何時までは勉強するためにSNSの通知は切っておく、というようにオンオフの調整ができることが映像を利用して学習を行う上で重要になります。タイムマネジメントとその徹底こそが合格の鍵となるのです。

授業に集中するためにおすすめなのが、イヤホンやヘッドフォンを利用することです。
これだと物理的な切り替えが可能ですし、聞き洩らすことも減るでしょう。

自宅学習が身につかない、より学力を上げたいという方はこちら!
浪人生におすすめの予備校ランキング!塾の選び方とメリット・デメリット

おすすめ通信制予備校10選!

今回紹介している予備校は、高校生や既卒生が大学受験のために利用することを前提としています。

オンライン環境を利用した予備校、つまり通信制は広くイメージされるインターネット配信の動画を視聴して学習することが基本です。
添削指導形式は、定期的に送付される教材やテストなどを記入し送り返すことで、正誤に加えて解説が記載された状態で返却されるといういわゆる「赤ペン先生」方式を指します。
家庭教師は一般にイメージしがちな自宅に講師が訪れ1対1で指導してもらうものではなく、Skypeなどを利用し指導を行う形式となります。

ここでは上から通信制、添削指導形式、家庭教師の順で紹介しているため自分に合った予備校を探しやすいのではないでしょうか?

武田塾 自宅受講コース・生配信コース

武田塾ロゴ画像

受講形態ネット電話による個別指導、生放送による指導
サポート自主学習の管理
講師大学生講師
推奨学習環境パソコン(通話用カメラ・マイク)
料金自宅講習コース:月72,100円~129,900円(志望校・科目数等による)
生配信コース:月21,800円
受講可能時間月~土:10:00~21:30
公式サイト武田塾

武田塾 自宅受講コース・生配信コースはどんな指導を行う?

”授業をしない”武田塾の手掛ける通信制指導、武田塾 自宅受講コース・生配信コースでは、自宅で自学自習を行いネット電話を利用して個別指導を受ける自宅受講コース」、もう一つはインターネット生配信を利用して全国一律に行う生配信コース」が展開されています。

「自宅受講コース」では始めに成績や志望校などカウンセリングを行います。
カウンセリングの内容を踏まえて合格までの学習の道筋「参考書ルート」を明確に示した個別カリキュラムを作成、そしてそのカリキュラムを基に徹底的な学習管理が行われます。

学習管理では個別カリキュラムから逆算したその日の学習タスクをしっかりと行えているかテストによる確認を毎回行っており、そのテスト結果からできなかったところや分からない点を個別指導で定着するまで指導しています。

「生配信コース」では、週一回インターネット動画による参考書の使い方や志望校別の対策など受験に役立つ情報を生配信し、それとともに受験生一人一人の学習タスク管理を行います。
生徒は放送開始までにタスクの状況をメールで送信し、放送を視聴して自身の次のタスクを決定、翌日中に講師から生徒へと次の週のタスクが送付される、という流れで学習が行われます。

普通に通塾するよりも圧倒的にリーズナブルな金額で自宅に居ながら武田塾の画期的な学習を利用することが可能である、それが武田塾 自宅受講コース・生配信コースの指導です。

東進ハイスクール 在宅受講コース

東進

受講形態映像授業
サポート月例電話による進捗の確認
電話やFAXによる学習のバックアップ
講師プロ講師
推奨学習環境パソコン、スマートフォン・タブレット
料金1講座:月81,600円~
受講可能時間24時間
公式サイト東進ハイスクール

東進ハイスクールはどんな指導を行う?

通信衛星予備校としておなじみの東進ハイスクールが提供している、全国各地から受講することの可能な「在宅受講コース」は東進ハイスクール・東進衛星予備校が手掛けている映像授業の教材を用いて学習を行っています。

通常の東進による映像授業と大きな差がないように思われますが、通常においては東進ハイスクール、あるいは衛星予備校の場合通塾して校舎内のパソコンを利用し映像授業を視聴することが前提となっています。

在宅受講コースにおいては校舎に通って受講するという手間を排し、担任による定期的な電話で学習に関する相談や質問などをすることが可能です。

東進の魅力は何と言っても豊富な映像授業と高速学習が可能であることでしょう。
高速学習を行うことで忙しい学校生活とも両立でき、無理なく志望校合格のため効率的に学習を行えます。

代々木ゼミナール

代ゼミサテライン

受講形態映像授業
サポート録音のみ可能
講師プロ講師
推奨学習環境パソコン、スマートフォン・タブレット
料金月11,000円~(講座による)
受講可能時間24時間
公式サイト代々木ゼミナール

代々木ゼミナールはどんな指導を行う?

代々木ゼミナールの展開している「フレックス・サテライン」は映像授業を取り扱うコースですが、その中の「モバサテ」は自宅でも代ゼミの映像授業を視聴することが可能なコースとなっています。

もとよりフレックス・サテラインは受講環境を選ぶことが可能で、校舎内のサテラインブースにおいて受講するか手元のタブレットやスマートフォンを使用して受講するか選択したうえで学習を行います。

パソコンによる視聴ではなく、スマートフォンやタブレットによる視聴がメインとなるためより手軽にスキマ時間で映像授業を視聴することが可能で、そのうえ録音することが可能であるため、より効率的に学習を行うことができるでしょう。

スタディサプリ

受講形態映像授業
サポート専任コーチによるアドバイス
講師プロ講師、現役大学生コーチ
推奨学習環境スマートフォン・タブレット(アプリ利用)
料金ベーシックコース:月1,980円
合格特訓コース:月9,800円
受講可能時間24時間
公式サイトスタディサプリ

スタディサプリはどんな指導を行う?

近年非常に勢いのある映像授業アプリ、スタディサプリは1回15分の神授業が魅力的な学習アプリとして高い評価を受けています。
授業の質以外にも、リーズナブルな価格も大変に魅力的であり、受験生以外にも社会人など多くの利用者がいます。

受験生に特におすすめな「合格特訓コース」では、一流の講師による神授業以外にも現役難関大の大学生による担当コーチ制度や、特定教科に精通した科目サポーターによる疑問解消など行います。

学習プランを作成し、そのプランに合わせて学習を行う中で浮かんだ疑問などはチャットを利用し解消することが可能で、さらに悩みや相談なども担当や事務局に遠慮なくすることができます。

一般的な予備校などの手掛ける通信教育よりもはるかにリーズナブルな価格でありながら、十二分に満足できるようなサポートが充実している。それがスタディサプリによる通信制の学習です。

大学受験Dialo online

大学受験ディアロdialo

受講形態映像授業
サポート対話式合格指導
講師プロ講師、大学生トレーナー
推奨学習環境パソコン(通話用カメラ・マイク)、スマートフォン・タブレット
料金1科目:月7,800円(複数科目による割引あり)
受講可能時間24時間
公式サイト大学受験Dialo online

大学受験Dialo onlineはどんな指導を行う?

大学受験Dialo onlineでは、z会と栄光ゼミナールのノウハウを詰め込んだ高品質な指導を全国各地で受講することが可能です。
料金としても1教科月額7,800円と比較的リーズナブルな価格であり、映像授業と個別指導がセットでこの金額であるのは驚異的とすら言えるのではないでしょうか。

指導の内容としては、自宅に居ながらz会の映像教材を利用し効率的に学習を行いつつ、合格トレーナーによるアドバイスや志望校合格のための学習指導を受けるというものです。
対話式合格指導」では月に1回の進捗管理と進路指導をSkypeを利用して学習のフォローアップを図りつつ行っています。

アオイゼミ

受講形態映像授業
サポートテキストダウンロード、個別質問、動画ダウンロード
講師プロ講師
推奨学習環境パソコン、スマートフォン・タブレット
料金基本料金無料
プレミアム:月2,400円~(コースによって変動)
受講可能時間プレミア動画視聴:24時間
ライブ授業:月・火・木19:30~
公式サイトアオイゼミ

アオイゼミはどんな指導を行う?

アオイゼミは基本無料のオンライン学習塾です。

プロ講師による授業を生放送しており、見逃した授業や過去の動画も無料で視聴することが可能です。

有料プランでは、4000本以上の授業動画の見放題や授業を基にしたオリジナルテキストを手に入れることができます。
ほかにもタイムラインや授業のコメント機能で全国各地の受験生と繋がることが可能であるため、インターネットによる学習ながらライバルとともに切磋琢磨しあえる環境も整っています。

Z会の通信教育

Z会

受講形態添削指導、映像授業
サポートZ会テキスト、進捗管理、WEBテスト
講師プロ講師
推奨学習環境映像授業:パソコン、スマートフォン・タブレット
料金1講座:月5,082円~(3講座以上で割引あり)
受講可能時間通信教育:自分のタイミングで教材に取り組む
映像授業:24時間
公式サイトz会の通信教育

Z会の通信教育はどんな指導を行う?

z会の通信教育大学受験生向けコースでは、オリジナルテキストを使用した添削指導をメインとして行います。

さらにz会の手掛けている映像授業もあり、全国各所においてz会の指導を受けることが可能です。

映像授業においてはユーザーサイト内の「マイ相談ルーム」で質問や相談をすることができ、さらに進捗管理も容易に行うことが可能です。
さらにWEBテストによる理解度チェックなど多彩なサポートが魅力的と言えるのではないでしょうか。

通信教育においては、志望校ごとに開設されたコースで学習を行います。
コース内の科目や教材の内容は決まっており、1科目から受講することが可能です。
料金もかなり良心的で、難関大学の受験に強いz会のきめ細やかな添削による指導をリーズナブルに受講することが可能であるのは非常に魅力的です。

進研ゼミ高校講座

進研ゼミ

受講形態添削指導
サポート添削指導、個別レコメンド、質問対応
講師プロ教科アドバイザー、大学生
推奨学習環境スマートフォン・タブレット(各種サポート用)
料金月9,710円~(講座数、支払い方法による)
受講可能時間自分のタイミングで教材に取り組む
公式サイト進研ゼミ高校講座

進研ゼミ高校講座ではどんな指導を行う?

進研ゼミ高校講座で行える受験対策は、オリジナルテキストを利用した添削指導がメインとなります。

テキスト指導の最大手、進研ゼミの手掛けるオリジナル教材には、精度の高い洗練された問題が多く載っており、共通テスト対策や2次試験、個別試験対策など目的に合わせて対策したい科目などを選択することが可能です。

さらに完成度の高いテキストだけでなく、指導のプロによる解答の添削も行われるので、単なる問題の解決力のみならず記述力を身に着けることもできます。

サポートとしては、志望校と科目による今日やるべき学習のタスクが示された個別レコメンド(カリキュラム)の作成や弱点克服の専用教材を作成、24時間の質問受付などがあります。
テスト対策以外にも、小論文対策も行うため受験大手らしい高い応用力が魅力的ではないでしょうか。

インターネット家庭教師Netty

受講形態インターネット家庭教師
サポート機材無料レンタル
講師大学生講師
推奨学習環境パソコン(通話用カメラ・マイク、ペンタブレット)、スマートフォン・タブレット
料金週1回:17,600円
受講可能時間月~土:15:00~21:50
公式サイトインターネット家庭教師Netty

インターネット家庭教師Nettyはどんな指導を行う?

家庭教師のノーバスが手掛けるオンライン家庭教師サービス「インターネット家庭教師Netty」は、双方向性を何よりも大切にした指導を心がけています。

そのため通信制教育を行う予備校のほとんどが利用しているSkypeなど無料インターネット電話を利用するのではなく、独自のシステムを利用し、講師と生徒が常に顔を見合わせながらホワイトボードに見立てた画面を用いて指導を行っています。

インターネット環境とパソコンやタブレットさえあれば、あとのWEBカメラやヘッドセットなどは無料レンタルしており、また無料でスタートアップサービスも行うなど安心して指導に臨むことができるのは魅力的だと言えるのではないでしょうか。

東大家庭教師友の会オンライン

受講形態インターネット家庭教師
サポート指導報告書
講師大学生講師
推奨学習環境パソコン(通話用カメラ2台・ヘッドセット、クリップ)
料金時間あたり4,500円~(コース、講師による)
受講可能時間22時以降など相談に応じ選択可能
公式サイト東大家庭教師友の会オンライン

東大家庭教師友の会はどんな指導を行う?

東大家庭教師友の会オンラインではインターネットを通じて個別指導を行っています。

指導に当たる学生講師はすべて東大に始まる難関大学の学生であり、模擬授業や面接、書類選考などで人間性や指導力といった厳しい選考を潜り抜けた優秀な学生のみが指導に当たっているため高い指導力を持っています。

高い能力を持った講師による指導はインターネットに接続されたパソコンさえあればいつでも受講することが可能で、22時以降といった遅い時間でも受講することができるのはほかのオンライン指導においてもかなり珍しいのではないでしょうか。

サポートとしては、毎回の指導終了時に「指導報告書」、月末に「月次報告書」が講師によって記入され、指導の進捗状況や生徒の習熟度を一目で把握できるような形にしています。講師の選抜や教育に力を入れているため、高い指導力と学習に打ち込みやすい環境が整っているのが東大家庭教師友の会の魅力です。

まとめ

今回は在宅で学習を行う新しい形の予備校についてまとめてきました。

通信制教育を行う予備校は増加傾向にあり、全国各地で格差なく均等に教育を受けることができるようになり始めた今日、受験勉強は大きな転換期を迎えていると言っても過言ではないでしょう。
そんな中において、より優れた学習を提供しさらに充実のサポートを行う予備校を探すのは、熾烈を極めます。

授業の形態、使用機材、講師の質と授業の質など見るべきは多くあります。
ぜひ本記事を参考にしていただいて、より自身に最適な予備校を見つけてくださいね。

コメントを書く

コメントを閉じる

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(28件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(18件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(28件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(11件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(17件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(5件)

予備校・塾カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事