はやぶさで医学部合格はできる?評判や口コミ・料金・合格実績まとめ

はやぶさで医学部合格はできる?評判や口コミ・料金・合格実績まとめ

私立医学部専門予備校はやぶさは、2020年4月にオンライン予備校として開講し、映像授業のみを行っています。
このページでは、オンライン予備校はやぶさの基本情報や予備校としての特徴や強みをまとめています。

PR【武田塾】なら難関校へも逆転合格!
武田塾のおすすめ

イマからでも間に合う!
難関大学でも武田塾なら逆転合格!

  • 授業をしないから『できる』ようになる!
  • 自学自習を徹底管理!学習スケジュールをサポート!
  • 得意科目と苦手科目を分析した
    完全オーダーメイドだから取りこぼしがない!
武田塾のおすすめ

武田塾独自の学習方法で毎年多くの難関大学校合格に導いています。
無料受講相談では、武田塾の学習方法のご紹介から、現在の実力から志望校合格までのカリキュラムを無料でご提案しています。
まずは一度お近くの校舎へご相談ください!

はやぶさの基本情報

はやぶさ
運営会社株式会社トウダイ
電話番号03-5229-7088
住所東京都新宿区市谷田町2-23-8 第2三幸ビル1階
最寄駅市ヶ谷駅
受付時間記載無し
指導形態映像
指導対象誰でも
コース医学部受験
自習室の有無なし
対応地域全国各地

はやぶさの指導方法

私立医学部専門予備校はやぶさでは、私立医学部に特化した映像授業を配信しています。
ライブ授業よりも分かりやすい映像授業で、1つの映像は15分以内と集中して勉強ができます。
すき間時間を利用してどこでも受験対策ができます。

はやぶさの5つの強み

1.私立医学部に特化した映像授業
2.ライブ授業より分かりやすい映像授業
3.すき間時間を利用してどこでも私立医学部対策ができる
4.数学、化学、物理を同じ視点から互いに関連付けて効率的に学べる
5..医系英文の教養知識を身につけ、小論文や面接対策もできる

はやぶさの生徒サポート

私立医学部専門予備校はやぶさでは、各学校の出題傾向や特色を踏まえ、実際の入試で合格点を取るための解法や読解法が身に付きます。
ただ問題を解くだけでなく、内容理解まで含めた講義で、小論文や面接にも役立ちます。
基礎を固め、実力養成と過去問を同時進行することにより、私立医学部入試に直結し超効率的に学ぶことが出来ます。
「普通の」受験勉強しかしていない受験生に大きな差をつけ、偏差値以上の得点が可能。
模試で負けても本番で勝てます。
普段の勉強がそのまま私立医学部対策になり、自然と私立医学部の問題を解ける頭脳になります。
市販の問題集や通常の授業では扱わない私立医学部攻略のカギがはやぶさにはあります。

はやぶさの周囲の環境

私立医学部専門予備校はやぶさは映像授業に特化しているため、校舎はありません。
映像は1つ15分以内で、耳だけでなく視覚にも訴えるようにできており、定着率をアップしています。
購入した教科は期間中であれば見放題で繰り返し学習ができ、二倍速まで対応しています。
各教科、重要事項の解説から例題、練習問題と番号がふられており、基礎から順に見て学ぶことができます。
映像授業特有の間延び感も解消されています。
ちょっとしたすき間時間で勉強ができるので、空いた時間を見つけ、こまめに私立医学部に直結した勉強ができます。
YouTubeに過去問の映像やサンプルがあるので、気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

はやぶさの合格実績

私立医学部専門予備校はやぶさは、2020年4月よりオンライン予備校となったため、最新の合格実績は開示されていません。
2019年度の入試までは通常の予備校として運営していたため、当時の記録となります。
岩手医科大学、獨協医科大学、埼玉医科大学、杏林大学、東邦大学、日本大学、金沢医科大学、久留米大学、川崎医科大学、東京医科大学など、全国各地の私立大学の医学部へ合格者を輩出している実績があります。
当時の生徒の中には入塾時偏差値35でしたが、医学部受験できるレベルまで押し上げてくれたのがはやぶさでした。
中学、高校と全く勉強していなかった生徒をここまで押し上げたのですから、予備校としてはやぶさを選んで確実です。

合格実績情報

岩手医科大学:3名
獨協医科大学:1名
埼玉医科大学:3名
杏林大学:2名
東邦大学:1名
日本大学:1名
金沢医科大学:3名
久留米大学:1名
川崎医科大学:3名
東京医科大学:1名
東北医科薬科大学:1名
国際医療福祉大学:1名
※2018年度入試実績

はやぶさのカリキュラムについて

はやぶさの指導

カリキュラム内容

私立医学部専門予備校はやぶさは、映像授業のみになっています。
1本15分以内で見やすく、耳だけでなく視覚にも訴えかけるようまとめられています。
取り組みやすい定額料金で、入会金・初期費用も一切不要。
今年度は残念ながら化学のみの開講となっていますが、公式サイトには、数学や英語のサンプル映像が上げられています。
はやぶさの映像の特徴は私立医学部に合格するために必要なことを最短距離で身につけれるようになっています。
ここまで私立医学部合格に特化した映像授業はまずないでしょう。
私立医学部の過去問をただ解くだけの授業ではなく、全私立医学部の過去10年分の全問を精査研究し、私立医学部の過去問で基礎力確立から応用力養成まで行えるように徹底的に編集した「はやぶさテキスト」をもとにしているので、基礎固めと過去問研究を同時に行えます。

夏期講習・冬季講習について

はやぶさでは季節講習の実施についての情報が公開されていません。

はやぶさの授業料

【ゼミコース】
入学金:300,000円
受講料:3,200,000~3,600,000円
教材費:100,000円

【マンツーマンコース】

<既卒生>
入学金:100,000円or300,000円
授業料:16,000円or19,000円(1回100分)
教材費:100,000円(年間)

<中学・高校生>
入学金:30,000円
授業料:9,000円(1回90分)
設備費:2,000円(月)

はやぶさの口コミ・評判

はやぶさの口コミ

私立医学部専門予備校はやぶさは、2020年4月にオンライン予備校として開講したばかりで、口コミはありません。
2019年度の入試までは通常の予備校として運営されており、当時の口コミとしては、
「医学部を志望するものは、一年間毎日馬車馬のごとく机に向かい続けなければなりませんが、はやぶさの講師陣なら存分に鞭を振ってくれる」
「偏差値35でも医学部を受験できるレベルまで押し上げてくれたのははやぶさです」
「一年で合格したいのなら、はやぶさを選んで間違いないです」
「はやぶさのテキストは最高」
といった言葉が寄せられていました。
映像授業受講期間中は購入した教科は期間中であれば見放題で繰り返し学習することができます。
また、二倍速にも対応しており、重要事項の解説から例題、練習問題と番号が振ってあり、基礎から応用までまとめられているため、一人でも身につく勉強が出来そうだと思います。

はやぶさの特徴・評判まとめ

私立医学部専門予備校はやぶさの特徴や強みについてまとめました。
はやぶさは2019年度までは通常の予備校として采井されておりましたが、2020年4月にオンライン予備校としてリニューアルし、開講したばかりで、情報が多くありません。
受講できる科目も化学のみとなっておりますが、今後増えていくかと思われます。
映像授業ですので、いつでも手軽に好きな時に見ることが出来るため、時間を有効活用することができます。
他予備校との併用も可能かと思うので、苦手な科目を補足するにはいい予備校だと思います。
映像授業受講期間中は購入した教科は期間中であれば見放題で繰り返し学習することができます。
また、二倍速にも対応しており、重要事項の解説から例題、練習問題と番号が振ってあり、基礎から応用までまとめられているため、一人でも身につく勉強が出来そうだと思います。

コメントを書く

コメントを閉じる

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(33件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(35件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(31件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(11件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(34件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(5件)

予備校・塾カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事