お茶の水ゼミナールやめた方がいい?評判・料金・合格実績を紹介

お茶の水ゼミナールやめた方がいい?評判・料金・合格実績を紹介

お茶の水ゼミナールは東京と埼玉に5つの校舎を展開する現役高校生を専門とする大学受験予備校です。
少人数制の指導方法や受験対策だけではなく実践的な英語を身につけるスタイルなど、他の塾・予備校とはどういった違いがあるのかをこのページでは紹介していきます。
2006年からはベネッセコーポレーションの仲間入りを果たしたお茶の水ゼミナールを見ていきましょう。

お茶の水ゼミナール本校の基本情報

お茶の水ゼミナール,予備校,塾,評判,口コミ

運営会社benesseコーポレーション
電話番号東京本校:0037‐616‐311‐586
住所東京本校:東京都千代田区神田三崎町2-21-11
最寄駅水道橋駅
受付時間東京本校:月~金:13:00~21:00 土・日:11:00~19:00
指導形態集団指導
指導対象中学生・高校生
コース中学生ジュニアマスタークラス・中学生トップ/ハイレベルコース・GTZ別講座・海外大併願コース
映像授業の有無あり
自習室情報あり
対応地域首都圏
校舎数5

公式サイトを確認する

お茶の水ゼミナールの予備校・塾としての 特徴・強みとは?

高校生の将来予備校・塾

お茶の水ゼミナールの指導方法

お茶の水ゼミナールでは、今やるべきことがはっきり盛り込まれたオリジナルのテキストを使用します。
まず授業の前には授業を理解するために最低限しっておいてほしいことをまとめた「Warm up」ページを読んでおきます。
それから少人数制の「わかる」授業を受け、「解ける」を実感するまでくりかえし練習問題に取り組みます。
そして1週間後に「Weekly テスト」を通してしっかりと身に着けます。このサイクルの繰り返しがお茶の水ゼミナールだけのしくみです。

お茶の水ゼミナールのカリキュラム

「GTZ(合格到達ゾーン)」とは、ベネッセのアセスメント(進研模試やスタディサポート等)で用いられている学力の指標です。
学校などで受験した模試の成績表に記載された「S1~D3」の表記がGTZです。
それぞれのゾーンに合格可能性が40~60%の目安の大学が対応しており、自分のGTZと照らし合わせることでお茶の水ゼミナールのどの講座が自分に合っているのかわかるという仕組みになっています。また、現在のGTZと、志望している大学の差を意識することで、目標をもって勉強に臨むことができるというのがお茶の水ゼミナールのカリキュラムの強みです。
またクラスで一緒に学んでいる仲間と、よりレベルの高い講座に進むために競い合うことで「次は自分の番」とモチベーションを高めることができます。

お茶の水ゼミナールの講習方法

お茶の水ゼミナールはベネッセコーポレーションの定める「GTZ」の学力指標に対応しており、それによって生徒一人ひとりの学力にあった講座に振り分けられる仕組みになっています。
最大30人の少人数制で行われる授業では、毎回勉強した一週間後にWeeklyテストが行われます。
生徒たちは毎回、このテストの対策として授業を内容を理解し、復習しておく必要があります。
このテストの成績優秀者は毎週発表されるので、クラスの仲間との競い合いが生まれ、生徒たちのモチベーションアップにつながります。
また、近々大学入試に取り入れられる「英語4技能対策」に早期にを対応するためにオンライン英語レッスンも導入しています。
ネイティブ講師との会話と映像テキストを活用することで「聞く」「読む」「話す」「書く」という4つのスキルをこなす際に必要となる文法・語彙も併せて学ぶことができます。

お茶の水ゼミナールの季節講習

お茶の水ゼミナールでは年に3回、長期休みに合わせて季節講習があります。
現在では「OCHAZEMI WINTER お茶ゼミの冬期講習」の募集が始まっています。
お茶の水ゼミナールの季節講習では5つの大きなおすすめポイントがあります。

  • 目標高校、大学に向けたカリキュラムとアドバイスがもらえます!
  • 3日間×120分の超集中講座!
  • 忙しい学生も、3日間2時間ずつならなんとか調整してもらえるのではないでしょうか。
    短くても効率的に指導していきます!
  • 単元別・レベル別にも授業を組むことができます!
  • 季節講習だけの学生も、講師の人たちに質問は自由にできます!
  • 季節講習生も自習室は期間中使って頂けます。
中学生 講習代 早期割引
Junior Master (Global)winter Edition ¥21,750 ¥20,250
上記以外の講座 ¥14,500 ¥13,500

高1~2 講習代 早期割引
2019年度 高1.2生冬期講習 ¥15,000 ¥14,000
英語検定対策特別価格 ¥3,000

高3 講習代 早期割引
2019年度 高3生冬期講習 ¥16,400 ¥15,400

お茶の水ゼミナールの生徒サポート

お茶の水ゼミナールは、インターネットサイトを利用したツールの活用を多く取り入れています。
1つ目は受講者専用ページ「OSNET」です。
授業の欠席の連絡も簡単にでき、進研模試の結果からGTZの移り変わりも閲覧することができ、自分の苦手な単元がどこなのかわかりやすく表示されるので、今後の学習計画を考えるのに役立ちます。
「OSNET」には保護者専用のIDも発行されるので、生徒の学力状況を保護者がタイムリーで共有することができます。
2つ目に、インターネットを使った学習サイト「Classi(クラッシー)」です。
生徒は、自分が受講していない科目も含めて授業の動画を閲覧することができ、テスト対策はもちろん、日ごろの予習復習に役立てることができます。

お茶の水ゼミナールの料金設定

お茶の水ゼミナールでは明確な料金設定が紹介されています。
少し特殊なのはお茶の水ゼミナールでは単位で授業料を計算していきます。

  • 【単位計算方法】

基本的には1単=1時間です。の授業が受けられます。
例えば、90分になると1.5単位、120分授業は2単位です。
しかし、論文対策やAO推薦の対策などは2時間で3単位とするものも一部あるのでご了承ください。

入会金は、33,000円(税込)ですが、下記の授業料以外に、教材費、進路指導費、Weeklyテスト費、お茶ゼミ模試費などの費用はかかりません。


【高校1年生 授業料】

4月期以降
(消費税10%)
1単位 ¥9,570
1.8単位 ¥17,270
2単位 ¥19,140
3.6単位 ¥31,020
3.8単位 ¥32,780
4単位 ¥34,430
5.6単位以上 ¥46,200

【高校2年生 授業料】

3月期①/②
(消費税10%)
4月期以降
(消費税10%)
1単位 ¥9,570 ¥9,570
1.8単位 ¥17,270 ¥17,270
2単位 ¥19,140 ¥19,140
3.8単位 ¥34,540 ¥34,540
4単位 ¥36,410 ¥36,410
5.8単位 ¥49,940 ¥49,940
6単位 ¥51,700 ¥51,700
7.8単位以上 ¥59,400 ¥59,400

【高校3年生 授業料】

3月期①/②
(消費税10%)
4月期以降
(消費税10%)
1単位 ¥10,120 ¥10,120
1.5単位 ¥15,180 ¥15,180
2単位 ¥20,240 ¥20,240
2.5単位 ¥25,300 ¥25,300
3単位 ¥30,360 ¥30,360
3.5単位 ¥35,420 ¥35,420
4単位 ¥40,480 ¥40,480
4.5単位 ¥45,540 ¥45,540
5単位 ¥45,540 ¥45,540
5.5単位 ¥50,050 ¥50,050
6単位 ¥54,670 ¥54,670
6.5単位 ¥59,180 ¥59,180
7単位 ¥63,800 ¥63,800
7.5単位 ¥64,570 ¥64,570
8単位 ¥68,860 ¥68,860
8.5単位 ¥73,150 ¥73,150
9単位 ¥77,440 ¥77,440
9.5単位以上 ¥81,400 ¥81,400

  • 【その他 映像授業】
高1~2年生には、映像授業を受けられるコースもあります。
映像授業コース
1.5単位 ¥14,410

お茶の水ゼミナール塾長・代表はどんな人?

お茶の水ゼミナールは現在、ベネッセコーポレーションの傘下に入っていますが、創業したのは熊本の衆議院議員である川村継義を父に持つ、川村充夫氏でした。
川村氏は昭和44年に熊本高校を卒業後、東京大学の医学部を2度受験するも失敗し、医学部受験をあきらめて東京大学文課2類に入学したそうです。
大学在籍中に友人たちと英語塾をスタートさせ、卒業後に独立して水道橋にお茶ノ水進学会を設立しました。
このお茶の水の名前は、お茶の水女子大に進学を希望している当時の生徒がつけたそうです。
27歳の時に現在も続いている「現役生のための予備校」というシステムをとり、お茶の水ゼミナールに改称しました。
その後、お茶の水出版、塾保険などを取り扱う日本教育システム、お茶の水教育人材派遣センターなど様々な事業を展開していました。
川村氏はその後地元熊本に帰って父と同じく政界の道を目指しましたが当選を果たせず、お茶の水ゼミナールは2006年にベネッセに完全買収されました。
現在のお茶の水ゼミナールは、ベネッセコーポレーションの英語4技能対策事業推進部 大島一秀氏が代表取締役を務めています。

お茶の水ゼミナールの評判・口コミは?

お茶の水ゼミナールでは、先生の教え方が良い、わからないところも理解できるまで丁寧に教えてくれる、と講師陣の評価が高いです。
また、自分のレベルにあったカリキュラムがはっきり提示されることで、今何をすればいいのかがわかりやすく、目標が持ちやすいようです。
毎週行われるWeeklyテストのために自分から復習する習慣がついたことや、授業中に当てられたり、テストの成績優秀者が張り出されるので、緊張感を高め、モチベーションを維持することができたという生徒が多くいました。
夏期講習や人気の先生の講座が応募者が殺到すると、抽選で外れることがあり困っている生徒もいるようですが、5校という限られた校舎で、少人数制を維持するためにはやむを得ないことかもしれません。

お茶の水ゼミナールの合格実績

東京大学、一橋大学、東京工業大学、大阪大学、東京外国語大学、早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、東京慈恵会医科大、自治医科大など、難関大学に多くの生徒が合格しています。
特に英語選抜クラスの生徒は、8割以上が東大、国立大、早慶上智、大学医学部に現役合格しています。
お茶の水ゼミナールの難関大学志望コースでは、選抜テストによるクラス分けがあります。スタンダードクラス、アドバンスドクラス、難関大学選抜区クラスとステップアップすることができます。
一方で成績不振の場合は年度途中であってもクラスが下がってしまうことから、生徒たちは緊張感を持ち、仲間同士刺激しあって目標に向かうことができ、難関大学の合格につながったようです。

公式サイトを確認する

お茶の水ゼミナール本校のまとめ

女子高生合格目指す

今回はお茶の水ゼミナールについてご紹介しました。
現役生専門の大学進学予備校として、創業時からこだわり続ける「少人数制授業」と、ベネッセコーポレーションの模試を活用する「GTZ式」カリキュラム、そして2020年の大学入試改革を見据えた「英語4技能対策」を取り入れた合格メソッドが特徴です。
通信教育で有名なベネッセコーポレーションの技術を最大限に取り入れたWEBを使った受講者専用ページ「OSNET」や今、多くの学校でも取り入れられている英語ツール「Classi」など、様々な角度から生徒たちをサポートできるシステムがそこにあります。
大人数制では受け身になってしまうし、個別指導では張り合いがない、お茶の水ゼミナールの少人数制は、同じ大学を目指す仲間とライバル心を抱き、頑張れる生徒におすすめの予備校です。


評価: 5
評価:4.5/5点(9件のレビュー)
コメントを閉じる
  • たいき より:

    高校3年の春から、あまり知っている人がいないところで集中してできればと考えて、通い始めました。自分には合っていましたが、良いところと悪いところがはっきりとしていた予備校かと思いました。
    良いところとしては少人数制のため、講師に質問をしやすく、わかるまで徹底的に教えてくれます。悪いところとしては、お茶の水ゼミナールが独自でやっていた模試のレベルがあまり高くなく、合否判定も他の模試にくらべて良く出ていたので、信憑性に欠けていました。
    最終的に第一希望には受からず、第五希望に落ち着きましたが、通って良かったと今になっては思います。
    徹底的に少人数で行いたい人、色々な模試を受けて総合的に判断ができる人には向いているのではないでしょうか。

    評価: 3
  • ゆま より:

    とても温かい雰囲気のアットホームな校舎で楽しく学び通うことができ、無事に第一志望の大学に合格することができました。文系理系ともに授業やコースの選択肢が非常に多く、その人ごとにあった内容を勉強できると思います。授業の振替制度があるのも大変助かりました。個性的な講師の方々がたくさんおり、その点でも好きな先生を選ぶことができ無理せず進めていくことができます。他の塾に比べるとアットホームで少人数制なこともあり、受付の方や先生、生徒みんなで盛り上がっていた雰囲気がありました。その為、友達同士でワイワイする傾向も見られました。勉強に集中したいのに集中しづらい、という時もあるかもしれません。しかし親身になって応援してくださるスタッフや先生方がいてくださるので心強いと思います。

    評価: 5
  • カヨ より:

    お茶の水ゼミナールでは、難関大学入試で求められる各教科を理解するためのシンプルな原理原則、そして、入試問題に対峙するための深い思考力と教養を生徒全員に指導してくれますので、「授業の質」「講師の面倒見」「現役生専門」「刺激・競争」「進路・入試情報」と言う形で、一流の講師が生徒一人一人に最適な授業を届けてくれるので、講師の授業を子供も理解しやすい!と言う形で大喜びでありましたので、これは重宝していける点であると思いました。また、競争心と刺激が子供達によっては非常に良い環境でしたので、少人数制の授業で、表情で理解力を先生が理解してくださること、受講生同士の刺激・相乗効果、集中力と程よい緊張感も生徒を伸ばせる良い環境であると心から思いました。

    評価: 5
  • kayo102588 より:

    高校で苦手分野がでてきたのをきっかけに入塾しました。知り合いが通っていて評判が良かったのでお茶の水ゼミナールに決めました。先生方がとても熱心に指導してくださり、学習進度も個々に合わせてくれたのでとても助かりました。駅からも近くて、学校帰りに通いやすかったです。自習室が広くて、自由に使える環境だったので勉強に集中できました。カリキュラム数も多くて、自分に合ったものを組み合わせられますし、わからない時は先生が相談にのってくれたので、教科ごとに自分の得意分野を伸ばしていくことができました。授業は少人数で行われていたので、わからない点はすぐ先生に質問できましたし、自分の理解度もしっかり確認できました。

    評価: 5
  • kforceno10(30代男性 熊本県 会社員) より:

    船ケ山ファイターズ
    高校入学と同時にお茶の水ゼミナールに入りました。数学と英語のみ受講していました。というかそれだけしか指導してなかった気がします。それぞれの教科に対して、学校の先生とは違う解釈の仕方や問題の考え方を教えていただき、勉強になりました。数学の講師の先生が大好きで、タイトルのチーム名を勝手につけて受験を数名で乗り切った思い出があります。一人ひとり親身になってくださるので、質問に行きやすかったのと、やはり学校以外の先生の話を聞けるというのは非常に貴重な時間だと思います。あとは自習室を平日休日問わず使えるので、行くと必ず誰かが頑張っている姿を見ることができ、非常に刺激を受けながら過ごすことができました。センター試験の結果を受けて第一志望の受験を避けたのですが、僕よりも先生の方がそのことをずっときにかけてくださっていて、後悔の無い方法をずっと考えてくださいました。

  • sawai17(20代男性 沖縄県 会社員) より:

    楽しく勉強ができ、志望校に合格できた。
    私は、小さい頃から薬剤師になることが夢でした。その理由として、小さい頃に、薬を飲むとどんな病気でも症状が軽くなったり、良くなったので、薬はとてもすごいと思いました。そのため、薬の知識を豊富に持っている薬剤師の先生になりたいと考えていました。しかし、高校生の頃までは、勉強が苦手で、特に数学や化学などの理系科目は全然ダメでした。このままでは薬学部に入学できないと思い、友人や高校の先生から勧められたお茶の水ゼミナール池袋校へ通うことにしました。お茶の水ゼミナール池袋校の講師の先生は、とても教え方が上手で、勉強が苦手な私でもすぐに勉強が好きになりました。成績も徐々に上がり、薬学部を目指せるまでになりました。希望していた薬学部へ無事に進学することができ、お茶の水ゼミナール池袋校に通って、良かったと思っています。

  • たかこ(40代女性 千葉県 会社員) より:

    少人数で対面授業
    家から学校までの通学ルートの途中にあって、通うのに便利でした。中学校の塾での経験上、大人数の予備校はあまり向いていないのでは、という不安があり、少人数で先生の目の行き届く予備校を探していました。また一方通行の映像授業ではなく、対面でわからないところもすぐに聞ける環境が向いていると思っていました。家で自分で計画的に勉強するタイプの子ではなかったので、高校1年生の秋ころから通い始めました。通っている高校が生徒の自主性を重んじる学校でしたので、大学を決めるにあたっては予備校の担当の先生に相談に乗ってもらいました。結果的には第1希望の国立大学には合格できませんでしたが、行きたいと思える大学に現役で合格することができ、感謝しています。

  • マユミ(50代女性 東京都 主婦) より:

    夏期講習からでも間に合いました 娘は高校三年生の一学期まで部活動に励んでおり、志望する大学に合格する学力は絶望的と思っていました。それまでも家の近くの塾に通っていましたが、あまり学力は伸びなかったのですがどうしても現役合格をしたかったので、現役合格に強いと言われるお茶の水ゼミナールの夏期講習に通うことにしました。お茶の水ゼミナールではレベル別・志望校別に、少人数のクラスで、相性の良い先生が徹底的に教えてくれます。担任の先生が一人一人に付き、必要に応じて個人面談や保護者面談まで行ってくれます。高校の先生以上に親身になってサポートしてくれたので驚きました。娘も次第にやる気をアップさせ、夏期講習後はみるみる成績が上がりました。特に、授業の最後に毎回小テストがあることが、役立ったようです。志望大学に合格できたのは、本当にお茶の水ゼミナールのおかげです。

  • 40代女性 神奈川県 主婦 より:

    アットホームな塾
    通っていた高校と自宅の中間にあったので通ってみようと思いました。
    通っていたのは高校2年から3年の2年間です。
    場所は渋谷だったので誘惑も多かったのです。
    大手ではありますがひとクラスが比較的少人数の塾だったので先生と仲良くなれるし質問もしやすくとても良かったと思います。アットホームすぎてのんびり屋だったわたしにはもう少し厳しい環境でもよかったと思いました。自分から勉強をする意思が強い子ならば成績も伸びていくと思います。
    競り合って伸びていくタイプの子には物足りなく感じることもあるので河合塾や駿台予備校の方が向いていると思います。男女比は当時は女子の方が多かったので他校の友達ができ一緒に勉強できたのは良い思い出です。

コメントを書く

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(13件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(23件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

予備校・塾カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事