東進衛星予備校に通うメリットは?評判・口コミ・料金・合格実績を紹介

東進衛星予備校に通うメリットは?評判・口コミ・料金・合格実績を紹介

東進ハイスクールと並んで有名な東進衛星予備校。
東進衛星予備校は東進ハイスクールのフランチャイズ校として全国的に1000校舎ほどを展開しています。
今回は、東進ハイスクールとの違いや、東進衛星予備校だからこその特徴について紹介していきます。

東進衛星予備校本校の基本情報

東進衛星予備校,予備校,塾,評判,口コミ

運営会社株式会社ナガセ
電話番号0120-104-531
住所東京都武蔵野市吉祥寺南1-29-2
最寄駅吉祥寺駅
受付時間
指導形態映像授業
指導対象中学生、高校生、既卒生
コース大学受験
映像授業の有無あり
自習室情報あり(教室による)
対応地域全国各地
校舎数約1,000

公式サイトを確認する

東進衛星予備校の予備校・塾としての 特徴・強みとは?

高校生の将来予備校・塾

東進衛星予備校の指導方法

東進衛星予備校では、映像を使用した映像授業を行っています。
東進衛星予備校は元々個人塾として経営していた教室も多くあり、教室ごとに以前の特色を残した特徴がある教室もあります。
しかし、東進ハイスクールのフランチャイズ校として、オーナーが違う東進衛星予備校でも、全ての教室で東進ハイスクールと同様の映像授業を受けることができます。
その為、家庭での映像視聴や1.5倍速での視聴も可能で一人一人にあったペースで学習を進めることができ、授業の先取りをする「高速学習」が可能となります。

東進衛星予備校のカリキュラム

東進衛星予備校では、東進ハイスクールと同様に担任制度があり、担任と卒業生である大学生が担任助手として受講生のサポートを行います。
映像授業の種類は数多く、1人で的確に選択して受講することは難しいです。
その為、東進衛星予備校では、担任と合格指導面談を行います。
そこで志望校合格に向けて必要な学習を把握し、個別でカリキュラムを作成します。
これによってスムーズに必要な講座を選択することを可能にしています。
また、講座自体も受講生の習熟度別で設定してあり、スモールステップで分かりやすい授業内容となっていることで学習に対する意識が高まるようにサポートしています。
東進衛星予備校を掲げている塾の中には、大学受験の映像授業として東進の映像授業を取り入れているところもあります。
そのため、集団や個別、小中学生は違う東進ではなく違う授業システムを補完して行っているところもあります。

東進衛星予備校の講習方法

全国各地、様々な場所に多くの教室を持つ東進衛星予備校ですが、東進ハイスクールと同様の映像授業を視聴できることで授業の質を同じに保つことができます。
授業を視聴する場所は個別で仕切られたブースで一人一人が自分のペースで受講することができ、学習に集中できる環境となっています。
また、授業の映像が家庭でも視聴できることで、部活や他の習い事とも両立しやすいという特徴もあります。
部活や他の習い事で朝が早かったり、帰宅が遅かったり様々な一人一人様々な生活スタイルがある中で自分のできるタイミングで学習を効率よく進めていけるシステムになっています。
自習室は場所によっては無い校舎もあるようですが、多くの教室では自習室もあり、集中して学習できる環境を整えています。

東進衛星予備校の夏期講習

東進衛星予備校では、夏期講習の無料招待を実施しています。高校3年生は招待状請求すると、1講座無料で受講することができます。夏期特別招待講習の受講生は、非受講生と比べて学力が1.6倍伸びています。1講座18,900円相当が無料になる大変お得な夏期講習となっています。

東進衛星予備校の生徒サポート

東進衛星予備校では、東進ハイスクールと同様に担任制度を導入し、担任と受講生の1対1で志望校までの道筋となる合格設計図の確認をし修正、受験校の決定などを行う「合格指導面談」、冬期・入試直前期に受講生と担任・複数の担任助手で一人一人の学習状況を確認しながら、志望校合格に向けて「どの単元・ジャンルを、いつまでに、どのように対策するか?の作戦を修正していく「合格作戦会議」、担任助手の指導のもとで、5~6人程度の受講生により、週間学習計画をグループ全員で話すことで共有し励まし合う「グループ・ミーティング 」を行っています。
1人での学習が中心となることで自分のペースで学習できるというのが東進のスタイルですが、担任や他の受講生との関わりを通して、自分の学習スタイルを振り返ったり、不足している部分を指摘してもらったりという機会は設けられているという点も嬉しいサポートであると言えます。
東進では「合格設計図実行システム」というものがあり、事前に1週間の時間割を設定し、受講予約が自動でできるシステムを使って効率的に学習を進めることができるのですが、東進衛星予備校でもこのシステムを採用しています。
このシステムを使用することで、週間での受講が効率的に行動することができ、自然に高速学習を習慣化することができます。
部活が休みになったり、休日に時間ができたりしたときに、個別に受講予約を追加することもできる為、とても効率的なシステムです。


合格設計図をしっかり作ってもらえたら安心して入試というゴールに向かってがんばれそうだね。

そうだね。定期的に面談やグループミーティングもあって、しっかりサポートしてくれるんだね。

東進衛星予備校の料金設定

東進衛星予備校の料金設定をご紹介します。
東進では、志望校対策のために必要な講座をパックで提案してくれます。
全ての講座を受けると決して安くはありませんが、複数受けることで割引になることもあるので、しっかり担当講師の人と相談しましょう。

学費 通期講座学費 講習講座模試試験料入試対策講座学費 過去問演習講座学費 志望校別対策講座
入学金 ¥33000
通期講座 ¥77,000
理科基礎 ¥57,750
担任指導費 ¥33,000
講習講座(90分×5回+テスト) ¥19,250
講習講座(90分×10回+テスト) ¥38,500
受験生 ¥26,400
高2 ¥13,200
高1,0 ¥11,000
記述型答案練習講座(90分×5回+添削5回) ¥38,500
入試直前まとめ講座(90分×5回+テスト) ¥19,250
直前必勝講座(90分×2回+直前必勝教材) ¥7,700
国公立二次対策(採点・添削・解説) ¥102,300
国公立二次対策(採点・添削) ¥56,100
私大対策(採点・添削・解説授業) ¥90,200
私大対策(採点・解説授業) ¥84,700
私大対策(採点) ¥38,500
併願校対策 ¥38,500
私大併願対策 ¥84,700
講座受講料 ¥102,300

※価格は全て10%税込み表記です。

東進衛星予備校塾長・代表はどんな人?

東進衛星予備校を運営しているフランチャイズ元の株式会社ナガセの企業理念は、「独立自尊の、社会・世界に貢献する人財を育成する」を掲げています。
そして代表である永瀬代表は「独立自尊とは、自ら求め、自ら考え、自ら行動する力」であると語っています。
やる気のない子どもたちに無理やり勉強させても学習効果は低く、目の前の受験に勝てたとしても将来に繋がりません。
自ら目標を見つけ、努力をすることで学習が意味のあるものとなります。
そして、難関大学に合格しても、その後の成功に繋がるのかと言うとそうではありません。
知性のみならず、精神的にも肉体的にも心・知・体のバランスが取れている人財の指導育成を目指している学習塾です。

東進衛星予備校の評判・口コミは?

東進衛星予備校では、大きなシステムや講習などについては東進ハイスクールとほとんど変わりはありません。
しかし、中には設備や細かい指導部分が校舎ごとに異なると言う場合も多くあるようです。
校舎によっては、参考書の進め方や勉強方法をしっかりと指導してくれることで成績を伸ばすことに役立ったと言う口コミも寄せられています。
また、東進ハイスクールと同様に分かりやすい授業に対しては定評があるようです。
保護者からも「説明がわかりやすく、子どもがやる気を出している」「有名な先生が多くいる為、授業を選ぶのも楽しみにしている」という意見も多いです。
映像授業の利点でもある家庭でも学習できるという点や高速学習という点でも評価が高い学習塾です。

東進衛星予備校の合格実績

東京大学、京都大学、大阪大学、九州大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、法政大学、青山学院大学など、国公立、私立問わず全国各地の難関大学への合格者を多数輩出しています。
また、現役合格に強く、東進の合格実績は全て現役合格生の人数を出しています。
東京大学においては、現役合格実績700名突破し、東大合格者数の34.8パーセントという高い数字を誇っています。
また、年々合格者数を増やしているという点も特徴です。
高い合格率を誇る要因としては、質の高い映像授業を通しての高速学習、そして担任指導などの手厚いサポート体制があります。
充実したサポート体制で難関大学への合格を支えてくれる学習塾であると言えます。

公式サイトを確認する

東進衛星予備校本校のまとめ&専門家の声

女子高生合格目指す

今回は東進衛星予備校の特徴や強み、直営校である東進ハイスクールとの違いについて紹介いたしました。
東進衛星予備校でも東進ハイスクール同様に「高速学習」「担任指導」「実力講師陣」「合格実績」という特徴があります。
分かりやすいと評判な講師陣による質の高い映像授業を全国各地で視聴できるシステムで一人一人に合わせた効率的な学習をサポートしています。
東進衛星予備校はフランチャイズとして東進衛星予備校という看板を掲げていますが、以前は個人塾として運営していた教室も多くあります。
その為、細かなサポートの面で教室ごとの差がある場合もあります。
入塾の場合には教室のサポート体制やシステムの特徴を確認しておくとより安心できるでしょう。
合格に向けて意欲的に学習を進めて行きたい方はもちろん、部活などと両立しながら効率的に学びたいという方に特におすすめの学習塾です。

専門家の声

株式会社スタグリット林俊介 専門家

現代文の林修先生をはじめとして、大学受験のプロフェッショナルともいえる有名講師が揃っている東進衛星予備校。先生の名前にばかり目がいってしまいますが、魅力はそれだけではありません。PCによる映像授業で基礎を確実に固める「高速マスター講座」や、幅広い年度・大学の過去問の添削をしてくれる「過去問演習講座」など、基礎的な内容から大学受験本番までに必要なすべてが揃っているのです。また、生徒ごとに担任の先生がつき、日々の学習状況の管理から勉強のモチベーション維持まで手厚くサポートしてくれます。講座の確認テストの実施や過去の成績確認などは、すべてオンラインの学習管理システム「学力POS」でできるようになっており、テクノロジー面もバッチリ。学習の多くはPC上で完結しますが、それでも抵抗なく学べる生徒にとっては、快適かつ非常に効率的な学習環境といえます。

専門家一覧はこちら


20代女性 愛媛県 会社員 にコメントする コメントをキャンセル

コメントを閉じる
  • ○浜西口 より:

    この日は受けられませんとか、全然相手にされなかった。やっぱり有名校じゃないと迷惑なのだろうか。

  • 10代女性 岡山県 学生 より:

    私が東進衛星予備校をお勧めする理由
    東進衛星予備校の良さは主に二つあります。一つ目は、自分が好きなタイミングで、好きな量だけ、好きな内容を勉強することができるということです。私は高校3年生の秋まで部活動を続けていたため、他の集団の授業などはスケジュールが合わず受けられませんでした。けれど東進なら、動画による授業なので、自分のペースで進められました。勉強以外にしたいことがあって、勉強に取れる時間が限られている人にはとてもオススメです。二つ目はなんといっても授業が分かりやすいということ。私は高校二年生までは英語と数学、高校三年生では全科目講座を取っていました。どの講座もとても分かりやすかったです。映像授業だから、分からないところがあったらどうするんだろうと思う人もいるかもしれませんが、FAXやハガキなどで質問したり、校舎にある担任の先生たちに聞いたらできたのでそこは心配する必要がありませんでした。

  • 20代女性 兵庫県 学生 より:

    コツコツ努力できるかどうか
    きっかけは友人が通っていたことでした。また特に平日は部活の拘束時間が長く、また時間延長も良くあることだったので、自由に自分のペースで受講できる環境の方が良いと思い通い始めました。やはり良かった点は自分のペースで勉強を進めることができることです。また英単語習得の為の特別教材、その取り組みによるランキング付け、また担任の先生のような方もいて面談を月に何度かするなど授業以外の設備も整っている印象でした。これらのおかげでモチベーションを保つことが出来ました。しかし、自分のペースで進めることができる反面、妥協したり映像授業中に寝たり、ということも出来てしまうのが難点かと思います。なのでコンスタントに、自分に厳しく努力することが出来る方に特に向いていると思います。

  • 20代女性 奈良県 主婦 より:

    東進に通っていた感想
    通っていた高校の最寄りの駅前にあったこと、又、仲の良い友人が先に通っていてお勧めされたので、ここに決めました。収録された授業を見る形式の予備校なので、本当に必要な科目だけに絞れて、自分のレベルに合った授業を有名な先生の指導で受けられるのが、とてもよかったです。自分の都合の良い時間に行って授業を受けられるという事も、部活をしていた自分にはよかったと思います。休憩室もあるので、疲れた時はそこで休憩して、友人と話をしたりして、また授業に戻るというオンオフがしやすい予備校でもありました。ただ、やはり予備校内にちゃんとした先生が常駐しているわけではないので、疑問点が出てきた時にそれを直接聞ける環境ではなかったと思います。私は結果的に指定校推薦をして頂いたので、最初契約した授業数が余ってしまいましたが、その分は高校の期末テストの範囲の為の授業を選択できたりしたので、うまく自分に合うプランを立てられて結果オーライでした。

  • 20代女性 大阪府 学生 より:

    東進衛星予備校に通って
    東進に通い始めたきっかけは、中学時代通っていた塾に東進が併設されていたからです。高校の三年間通いました。東進はプロ講師による映像授業が基本なので、先生との対話はありませんが、プロの先生なので分かりやすく、話が上手で惹きつけられるものがありました。ノートをまとめたいときに一時停止したり、理解するのが難しい授業を何度も見ることができるのも魅力のひとつです。ただ、自学で進めていくのが基本なので、さぼりくせのある人にはお勧めしません。自分の学力に合ったレベルの授業や、志望校の対策授業など様々で、チューターと相談しながら受ける授業を決めました。私の通っていた東進は、生徒それぞれにチューターがつき、進路相談や、分からないを質問したりできる環境があったので、精神的にも支えられました。

  • 40代女性 兵庫県 主婦 より:

    本人に合う予備校選びが重要
    私の息子が高1〜2年の間は、学校のように一斉授業を行う予備校に通っていたました。その後、自分で勉強すると言って、5カ月ほど、どこの予備校へも行かなかったのですが、高3になると私もさすがに不安になってきて、予備校で夏期講習だけでも受けてみたら?と誘ってみたら、本人も納得して、ネットで夏期講習に申し込みしました。するとすぐに、予備校から3者面談に呼ばれ、夏期講習ではなく本科に入るよう勧められて、本人も詳しい説明を受けた結果、頑張って行く気になり入塾しました。夏休み前からの入塾になるので、スケジュールはきつかったですが、本人の頑張りもあって何とか授業をこなすことができました。一斉授業の時と違い、映像授業なので、わからないところは、速度をゆっくりにしたり、繰り返し受講ができるのが、息子には合っていたようです。また、家のパソコンやスマホでも受講できるので、授業開始時間まで、時間待ちする必要もなく、時間を有効に使えたようです。その後の3者面談では、ややこしい私立の併願方法も本人の得意科目が生かせるような方法をアドバイスしてくださったり、センター試験の自己採点後の、国公立の前期後期の出願先のアドバイスもしていただけ、頼りにさせていただきました。学費は、短い期間にしては高めだと感じましたが、結果的に前期で合格することができ、予備校の先生方のお陰だと、感謝しております。予備校や塾選びは本人に合った所を選ぶことが大切だと感じました。

  • 30代男性 広島県 会社員 より:

    浪人生の誘惑を断ち切るために最適です
    大学受験を失敗して浪人することになったので、予備校に通うことにしました。大手予備校の河合塾や代々木ゼミナールなどに通うことにした友人もいましたが、いくら優秀な講師がいても、まわりの学生たちと一緒になって遊んでしまうと思ったので、モニターに向かって授業をうける東進を選びました。通った期間は4月から12月までです。受験の参考書を多数出版している有名な講師陣の授業が見られ、その授業で学習していた通りに勉強していたらぐんぐん成績が上がっていきました。模試は河合塾や代々木ゼミナールに受けに行きましたが、そこに通っている学生を差し置いて、上位にランクインすることができました。東進では、自分が受けたい授業のビデオをチューターの方から借り、それを個別のブースで視聴しながら勉強するという独特の形態です。確かにライブ感はありませんが、質問したいことはファックスやメールで問い合わせることができるし、分かりやすい授業なので、質問したいことは特にありませんでした。自習室も完備されており、友人作りや恋愛などの誘惑を断ち切り、学習に専念するためには最適の予備校だと思います。

  • 10代男性 東京都 学生 より:

    活用は自分次第
    東進衛星予備校に通い始めたきっかけは友人が通っていた事でした。通っていた期間は高校2年の冬から受験までです。私が通っていた高校は偏差値が49程度で進路は大学進学と就職で分かれていました。私は大学進学を選択しましたが学力は低く塾探しに迷った時に友達が行っていた塾であるこの塾を選びました。良い点は映像授業なので自分のスピードで学べる点。悪い点はその映像授業の料金がやや高いという点。また塾の先生は受講を急かし新たな授業の購入を勧めてきます。特徴はやはり映像授業であるという点。授業によって合う合わないがあるので慎重に選ぶ事をオススメします。また志望校の過去問を10年分解き解説を受ける事ができる過去問演習講座はオススメです。結果的に志望校に合格する事が出来ました。塾の先生の言う事に惑わされず自分のペースで学習を進めることが大切です。

  • 10代男性 東京都 学生 より:

    チューターとのコミュニケーション
    東進ハイスクールでは、それぞれの生徒に担任助手という担当スタッフがついて、勉強の進行状況などをコントロールしてくれる。そのスタッフたち自身は、同じように東進ハイスクールを卒業した先輩たちなので、勉強の進行状況のコントロールだけではなく、受験で不安なことの相談やアドバイスをしてくれるので、モチベーションが下がった時などに助けてくれる。大井町校のスタッフはフレンドリーだったので、いつでも気さくに話しかけてくれた。東進ハイスクールに入った時に薦められる、高速基礎マスターはスマートフォンアプリでもできるので、やっておくと後々役に立った。
    ただ、東進ハイスクールには無駄に受講をさせてこようとするスタッフもいるので、断ることはしっかり断るべきだと思う。

  • 20代女性 愛媛県 会社員 より:

    同じ高校の友人が多いため通いやすい
    前に通っていた英語の個人塾の先生が合わず、退会した後にクラスメイトに相談したところ、勧められて入会した。先生との直接の一対一の関係がいやなので衛星授業は苦手な科目のみ選択できて映像を見返したり出来て良かった。個人塾は先生の方針によっては受験対策が遅いので困った。東進衛星予備校は自習室が自由に使える、個人のペースで勉強できる、全体のチューター的な先生も一人だったので相談しやすかった。
    河合塾マナビスは得意の数学対策を学校の予習+αで受験対策をしたかったので選択した。数学や理科は基礎が分からないと応用が難しいので授業形式のほうが頭に入るし、実際の自分のレベルを見て専門の先生がいたので学力に合わせた回答をしてもらえた。
    どちらも共通の高校の生徒が多く通いやすかったことが良かった。どちらの塾で対策するかは個人の理解度、苦手対策か得意を伸ばしたいかで異なると思う。また、近所にコンビニやスーパー、書店が充実しているので適度に息抜きができ、仲間意識が高いので自身のレベルアップにもつながると思う。

  • あはは より:

    あははさん 福島県 20代 女性 フリーター

    自分の目標をしっかり持ってください
    東進衛星予備校に通っていました。
    “私は、現役時代・浪人時代と複数の予備校に体験に行ったり、短期講習に参加しておりましたが、こちらの予備校を選択した理由は、名物先生がたくさん居ることに興味を持ったのと、映像での授業なので自分のタイミングで動画を止めたり、巻き戻したりして、きちんと知識の確認ができるのではないかと期待したためです。
    通っていた期間は、確か休暇中の短期講習でした。苦手科目だけ受講しておりましたが、苦手科目を動画で行うというのは、モチベーションが続きませんでした。最初の講習こそ良いものの、回を重ねるごとに、動画を止める回数は増え、そのまま寝てしまうこともしばしば、、。動画がなかなか先に進みませんでした。
    どんなに良い先生であっても勉強は最終的には自分の意志でやるものです。こちらの予備校には個性あふれる素晴らしい先生方がいらっしゃいますが、それはあくまで、勉強に取り掛かるきっかけです。確かに問題の解法など、有効なコツもたくさん散りばめられていますが、塾そのものに期待はしすぎず、必ず自己学習の時間をしっかり取るようにしてください。先生達のやる気より自分のやる気の方が大切です。絶対入りたいんだという目標をしっかり持ってください。

  • はるよこいさん 長野 より:

    自分で勉強できる環境が手にはいる
    東進衛生予備校多治見駅前校に通っていました。
    きっかけは友人が通っていて勧めてくれて、夏期スクールに行ったことでした。夏期スクールは通常授業の形式でわかりやすかったし、自習室も使えるということでそのまま継続することにしました。衛生予備校だっので、通常授業とビデオ講義を自分に必要な教科のみを選んで受けることができ、私は両方受講していました。しかし、ビデオ講義は有名講師がしてくれるのはいいのですが、なかなか耳に入ってこず結局あまり成績アップには繋がらなかったように感じました。ここで知った有名講師の参考書等は参考にしたので、全く無駄ではありませんでしたが値段ほどの効果は私にはありませんでした。あと、自習室ですが家から遠いこともありあまり有効活用できず、これも残念でした。自習室を使っている人は朝から晩まで熱心に勉強していたのでその人達を見ると、私もやらなきゃなとは思えたのでその点はよかったと思います。

  • とーしんさん 広島県 より:

    東進の社員の先生が全く働かない
    東進衛星予備校広島舟入校に通っていました。
    高校2年生の冬から高校の近くにあった東進衛星予備校に入学しました。東進衛星予備校は衛星の授業でしたのでパソコンに向かって授業をひたすらに受けていくスタイルです。アルバイトの方が真摯に質問に答えてくださるのでとてもよい勉強になりましたし、実際に成績もうなぎ上りに上がって行きました。しかし、私が3年生になると塾の社員の方が転勤となり違う先生が来ました。しかし、その方が以前の方とは違いデリカシーもなく仕事もほとんどしているかわからない状態で私がテキストを発注しても1ヶ月以上届かなかったので確認すると忘れていたと言われ謝りの言葉さえありませんでした。結果的に大学には合格できましたが、アルバイトの方には特に不満な点もありませんしいつも気さくに話してくださるのでいいのですが、社員の方は個人的には高圧的な態度であったので苦手でした。もし、これから入学を検討している方がいらっしゃるのなら合うか合わないかは判断した方が良いと思います。

人気の予備校ランキング

武田塾

武田塾

口コミ数(16件)

東進衛星予備校

東進衛星予備校

口コミ数(13件)

河合塾マナビス

河合塾マナビス

口コミ数(23件)

四谷学院

四谷学院

口コミ数(7件)

明光義塾

明光義塾

口コミ数(3件)

城南コベッツ

城南コベッツ

口コミ数(2件)

予備校・塾カテゴリの最新記事

コラムカテゴリの最新記事